バイクにSUICAスマートウォッチは、便利すぎ【アップル・ガーミン】

バイクにスマートウォッチバイク用品
スポンサーリンク

SUICA対応スマートウォッチがあると、

バイクツーリングで財布やスマホを取り出す手間が無くなる。

便利すぎ!

平日の通勤・通学も、もちろん便利すぎ!

  • 進化したスマートウォッチの凄さ
  • SUICA対応おすすめスマートウォッチ

こんな内容を知って、そろそろスマートウォッチを手に入れてみませんか?

という提案。

今一つ、使い道が無かったスマートウォッチでしたが、

その考えはもう古い。

スポンサーリンク

スマートウォッチが進化した3つのポイント

スマートウォッチが進化した3つのポイント

数年前のスマートウォッチは、

  • デカい
  • バッテリー切れが早い
  • 常時表示できない
  • 単体で出来ることが少ない

正直、使えなかった。

ガジェット好きのオモチャに過ぎませんでした。

でも、その考えはもう古い。

最新のスマートウォッチは、3つの機能が格段に進化してます。

  1. 常時表示(バッテリー)
  2. 決済(SUICA)
  3. 薄い

1.常時表示(バッテリー)

基本は時計なのだから、

視線を向けるだけで時刻が解らないと話にならない。


昔のスマートウォッチは、バッテリー節約のため普段は真っ暗

腕を上げて傾けて、起動トリガを掛けないと画面表示しませんでした。


これだけでもう、使う気にはならない。


けれど、省電力化やバッテリー性能の向上で、

常時点灯でも丸1日十分に使えるようになりました。

GPSや音楽再生などを行うと短くなるけれど、

それでも夜までは持つので許容範囲に入って来てます


2.決済・SUICA

SUICA
photo by East Japan Railway Company

スマートウォッチは、決済機能がキラーコンテンツ


ナビ機能もあるけれど、画面が小さすぎて、音声案内としてしか使えない。

バイクでナビするときは、音声案内だけで十分だけどね。

走りながら、画面を見るために視線を落とすなんてまずしない。

信号待ちでチラ見するだけで、音声が有ればナビとして成立している。

曲がり角に近づくと振動で教えてくれるのも、『ウォッチ』ならでは。


常に身に着けてるので、取り出す手間が無いメリットを生かせるのが『SUICA』。

電車はもちろん、コンビニでもSUICAで払えるのは便利すぎる。

スマホを取り出す手間もなく、手首をかざすだけ。

決済・SUICA


バイクツーリング中は、スマホを落とさないようにしまい込んでるので、ゴソゴソ取り出さなくて良いのは、

一度使うと、やめられない。

最初はちょっと気恥ずかしいけれど、やめられないとまらない。

もちろん、日常生活でもSUICAは便利。

後は一日も早く、駅の改札機が左手対応してくれるのを期待したい。


左手のスマートウォッチを右側のセンサーにかざすのは、

面倒だからね!


3.薄い

薄い

身に着けたくなる美しさも備えてしまった

最初の頃は、大きなバッテリーが必要だったので、

デカくて、分厚くて、重くかった。

決して見栄えが良くなかったけど、


今は昔


普通の腕時計と比べても、全く違和感のない外見に生まれ変わってる。


スマートウォッチならではなのが、画面をかえられること。

自由に盤面デザインが変えられるので、アナログ表示にすれば

本当に普通の時計。

ビジネスに使っても、なんの違和感もない。


普段使い出来る重さ・薄さを身に付けました。


それでいて、一日の活動記録が取れるし、

寝ている間に、眠りの深さまで計ってくれる。

便利すぎる!

スポンサーリンク

おすすめのSUICA対応スマートウォッチ2選

SUICA対応のおすすめスマートウォッチは2つ。

  1. アップル
  2. ガーミン

アップルウォッチ

アップルウォッチ
photo by Apple

スマートウォッチを今の姿に持ってきたのは、

間違いなくアップルの功績です。

新しい生活の提案力は、アップルならでは

現在の主力は『Apple Watch Series 6』。

  • 常時表示
  • GPS
  • 心拍数管理、血中酸素
  • Apple Pay SUICA
  • 50m耐水

常時表示が必要なければ、エントリーモデルの『Series 3』


これからも、スマートウォッチの使い道を広げてくれるに違いない。

何より、美しい。

アップルウォッチ2
photo by Apple

シリーズの違い

Series 3は、1世代前のモデル。

SEは、Series 6のコスパモデル。

基本機能に大差はないので、画面の大きさと常時表示で選べばいい。

 Series 6Series SESeries 3
発売日2020年9月2020年9月2017年9月
ケースサイズ40mm / 44mm40mm / 44mm38mm / 42mm
容量32GB32GB8GB
常時表示
GPS
コンパス
心拍センサー
耐水50m50m50m
SUICA


SUICA対応ガーミン

photo by Garmin

GPSと言えばガーミン!

アウトドア好きなら、ガーミンの名前を知らない人はいない。

GPSトラッキングの出始めの時から、

位置情報・気象情報を得られえるガジェットとしての地位を築いてます。


ガーミンが作ったスマートウォッチなら、信頼して間違いない。


ガーミンがSUICAに対応したことで、アップルウォッチに追いついた。

2020年にSUICA対応され、アップルと戦うのに不足が無くなりました。

  • GPS
  • SUICA
  • 心拍計
  • スリープモニタ
  • 呼吸追跡
  • ストレス追跡

一般的なネームバリューではアップルに一歩譲るけれど

ライフログを採る機能では、アップルを上回ている

fenix 6

全ての機能を網羅した、トップモデル。

全部入りだけど、タッチ操作には対応していない。

ビジネスに使っても、違和感がない。

100m防水、SUICA対応。

GARMIN vivoactive4

タッチ操作可能な、アクティブトラッカーとして使うならシンプルなvivoactive4。

50m防水、SUICA対応。

ForeAthlete 745

フルカラーのマップ表示、タッチ操作が不要なら、

SUICA対応でコスパのいいForeAthlete 745。

GPS、ライフログ機能に不足は有りません。

50m防水、SUICA対応。

バイクに決済可能スマートウォッチは、便利すぎ まとめ


現代の3種の神器

  • スマホ
  • スマートウォッチ
  • コードレスイヤホン


常に身に着けているので、取り出す手間が無いのが、スマートウォッチの良いところ。


このメリットが生きるのが、SUICAです。

GPS、音楽再生、ライフログ、盤面変更といったスマートウォッチならではの機能に

バッテリーの持ちが良くなって

  • 常時点灯
  • SUICA対応

この2つが加わって、ガジェット好きのオモチャから

使えるアイテムに進化した。


併せて読みたい
バイクにおすすめの腕時計5選と不向きな腕時計【機械式はどっち?】
150ccバイク任意保険と125ccファミリーバイク特約の比較まとめ
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
バイク盗難防止まとめ4選!複数カギとアラームと保険と収納で撃退!

タイトルとURLをコピーしました