【比較】SHOEIのZ-8は、Z-7の3つのメリットを超えたのか?

SHOEI Z-8バイク用品
photo by SHOEI

SHOEIのZ-7が7年振りにモデルチェンジ。

Z-8が登場しました。

ツーリング向け軽量フルフェイスヘルメットとして、人気だったZ-7。

何が変わったの?


で、買いなの?

  • Z-7とZ-8の比較
    スペックは全方位に進化している
  • ネガは6,00円の価格アップ
    強力ライバルがいる価格帯になった
  • 買いか?
    様子を見てからでも遅くない
  • 正規販売認定制度
    そもそも、SHOEIは通販では買えない

こんな内容を知ってスッキリしよう。

Z-7より進化しているけれど、7年振りは長すぎたのかもしれない。

スポンサーリンク

SHOEIヘルメット、Z-7とZ-8の比較

Zシリーズの長所(軽く、小さく、静か)はどうなった?

Z-7とZ-8の外観比較

Z-7のイメージはそのままに、正常進化ですね。

気持ち武骨になってます。

Z-7
Z-8

リアの排気口が大きくなってますね。

また、チークパッドの下端が大型化されてます

このため、静粛性と快適性がアップしてるはず。

Z-7
Z-8

額中央に大型気口が追加されてる。

排気口も大型化されてるので、換気性能は良くなってるはず。

Z-7
Z-8

Z-7とZ-8のスペック比較

 Z-7Z-8
価格(ソリッド)45,000 円 (税抜)51,000 円 (税抜)
サイズXS (53cm)
S (55cm)
M (57cm)
L (59cm)
XL (61cm)
XXL (63cm)
重量1,356(M:ソリッド)
1,556(XL:ソリッド)
???
構造AIMAIM+
空力上向きの揚力:6%減少
前方抗力:4%減少
ノイズリダクション周辺の風切り音:低減
換気額センターに空気穴追加
ピンロックシールド横方向の視界を10%改善
規格JIS規格

 

Z-7(AIM構造)とZ-8(AIM+構造)の違い

AIMは「Advanced Integrated Matrix」の略で、ヘルメットシェルの軽量化技術です。

AIM+は、有機繊維より軽く弾性に優れた高性能有機繊維を追加することで、軽量化を果たしてます。

難しいことは置いといて

X-Fourteenと同じAIM+構造に進化した事で、より強く軽くなった、の理解でOK!

取得規格の比較

取得規格は、JISのままで変更はありません。

しかし、AIMからAIM+になったことで、シェルの剛性・弾性は向上してるはず。

原に、Z-8のアメリカ仕様(RF-1400)は、SNELLM2020とDOTの両方の基準を満たしてます。

⇒ アメリカのSHOEI公式ページ


日本でSNELLを取得していないのは、他ヘルメットとの棲み分けと思われる。

X-Fourteen:レース指向:SNELL規格

Z-8:ツーリング指向:JIS規格

価格

Z-7から進化はしてるけど、チョット強気の価格設定?

この値段なら、いろんなモデルが選択肢に入ってくる

単色で比べると

Z-7から6,000円アップの51,000円。(税抜き)

インナーバイザー付きのGT-Air2と同じ価格で、X-Fourteenとは9,000円差です。

Z-8のグラフィックモデルは60,000円なので、単色X-Fourteenが買えてしまう。

ネオレトロなGRAMSTAR:43,000円が、急にコスパ良くて魅力的に見えて来ます。


X-Fourteen:60,000円

GT-Air2:51,000円

GRAMSTAR:43,000円

Z-8 51,000円は、税込みなら56,100円。

OGK KABUTOのRT33-R MIPSが買えてしまう。

カーボンモデルで、カーボンの網目がまぶしい!

重量はZ-7と同じ1350gくらいで、軽い!

RT33-R MIPS
モトキチ
¥ 57,750(2021/02/06 15:58時点)

カーボンなら、Y’S GEAR SHARK もイイ。

インナーバイザーもついて、お手頃です。

スポンサーリンク

Zシリーズの長所(軽く、小さく、静か)はどうなった?

Zシリーズの長所(軽く、小さく、静か)はどうなった?

軽さばかりが注目されているZシリーズですが、Zの長所はこの3つ。

  1. Zシリーズは軽い
  2. Zシリーズは帽体が小さくキノコにならない
  3. Zシリーズは静か

それぞれ、Z-8になってどうなるのかが、気になる。

1.Zシリーズは軽い

  • Z-7の重量:1,356g (M:ソリッド)
  • X-Fourteen:1,616g (M:ソリッド)+260g
  • GT-Air II:1,563g (M:ソリッド)+207g

たかが、200gチョットと思うかもしれないけれど、疲れ方が全然違います

バイクショップで試着するか、自分のヘルメットに200gの重りを乗せてみれば良い。

Z-8の重量は未公開

SHOEIのサイトに、まだ重量は記載されてません

まもなく、アップされると思われます。

Z-7より軽くなってるか?重くなってるか?

安全規格が厳しくなってるので、軽くなるのは難しいい気がします。

2.Zシリーズは帽体が小さくキノコにならない

Zシリーズは帽体が小さくキノコにならない

左右幅×前後幅×高さ (Mサイズ)

  • Z-7の外径寸法:252×341×260mm
  • X-Fourteen:259×377×286mm
  • GT-Air II:258×378×271mm

これも、わずか10mm程度の違いと思うけれど、ぱっと見でヘルメットの大きさが全然違います。

キノコのように頭デッカチだと、なんだかね!

Z-8の寸法は未公開

SHOEIのサイトに、まだ寸法は記載されてません

まもなく、アップされると思われます。

外観写真では、帽体は小さく感じるけど、どうなのだろう

Z-7のサイズ感を維持してるか大きくなってるか?

安全規格が厳しくなってるので、サイズ維持は難しい気がします。

3.Zシリーズは静か

Z-8

Z-7は、静かです。静粛性が高い。

建物で言えば、立て付けが良い。

シールドがピッタリ閉まる、各部の軋みも無い。内装の静音性も高く感じます。

Z-8の静音性

Z-8

Z-8のアメリカ仕様(RF-1400)

  • 空力の向上による風切り音の逓減
  • シールドの防風・防水シール刷新
  • チークパッド・イヤーパッドの大型化

日本のサイトにはまだアップされてませんが、アメリカのSHOEI公式ページには、上記の3項目が有ります。

Z-8の静粛性には、全く心配は要らない

なぜなら、SHOEIは日本トップレベルのヘルメットメーカーだから

SHOEIの正規販売認定制度で、AMAZON、楽天、Yahoo!では買えない

SHOEIの正規販売認定制度で、AMAZON、楽天、Yahoo!では買えない

SHOEIの会社方針なので、是非もないけれど

2019年より、SHOEIは、「正規販売認定制度」を導入しています。

SHOEI正規販売店は、SHOEIが認めるレベルの知識、技術の取得をし、お客様へ適切な製品及びサイズのご提案、アフターサービスのご対応まで実施することが出来るショップとなります。

SHOEI公式

⇒ SHOEI 公式 正規販売店のご紹介

ヘルメットは安全に対して重要なパーツなので、適切な説明やアフターサービスが必要。

だから、基本的に対面販売で売ります。

ポチッとするだけの通販では売らないよ!

簡単に言えば、こういうこと。

自社製品を、アマゾン、楽天といった通販サイトに流通させない方針です。

今でもアマゾン、楽天でSHOEIヘルメットを見かけるけど、

とんでもない高価な設定になってるので騙されないようにね。

SHOEIのZ-8は、Z-7の3つのメリットを超えたのか? まとめ

SHOEIのZ-8は、Z-7の3つのメリットを超えたのか?

Zシリーズの魅力(メリット)は、軽さ、帽体の小ささ、静かさの3つです。

Z-8になって3つの魅力はどうなったのか?

  • Z-8は、Z-7より静かに違いない
  • Z-8は、Z-7より軽いかは、Coming soon!
  • Z-8は、Z-7より帽体が小さいかは、Coming soon!

まだ、情報が出て来てません。

Z-8の強気の価格設定(51,000円、税込み56,100円)も気になります。

この価格であれば、OGK KABUTOのカーボンモデルにも手が届いてしまう。

Z-8に行くか否かは、情報を待ってからでも遅くない。

それとも、SHOEIを信じて、人柱になってみる?

買うなら、ショップで対面販売でね。

タイトルとURLをコピーしました