なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか?【重量差ほど違わない理由!】

なぜ、バイクの燃費が悪いのか?トリビア

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

バイクは燃費は良いと言うけれど、本当だろうか?

  • 車の燃費は10~20km/Lくらい
  • バイクの燃費は、20~40km/Lくらい


重量は大違いなのに、燃費は大差ない。

バイクの燃費って


そんなに良くないのでは?

そんな疑問を解消します。

その通り!

重量を加味すると、車の方が燃費がいい

バイクはパワー重視のエンジンなので、燃費が悪い

なぜ、パワー重視なのかを知っておこう。

こんな内容を知って、スッキリしよう。

バイクは軽いので燃費が良いように見えるけど、実は燃費が悪い!

ぶん回してナンボのハイスペックエンジンなのです。

なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか? 車とバイクの比較結果

バイクは車より燃費が良いのか? 車との比較
photo by Honda

FITとPCX。

ホンダの屋台骨を支える世界戦略車の2台です。

2台とも、頭の良い人が力を入れて開発したに違いない。

そんな2台のスペックを比べたのが、この表。

車種重量出力燃費
ホンダ Fit 1.5L1,090kg98PS20.2km/L
ホンダ PCX 0.16L 132kg15.8PS45.2km/L
  • Fit(1.5L FF CVT) WLTCモード燃費
  • PCX160 (0.16L 無段変速) WMTCモード燃費

ホンダ公式サイトのデータを引用


このままでは比べにくい

土俵を合わせると、車の方が燃費が良い

土俵を合わせると、車の方が燃費が良い
photo by Honda
車種総重量1t当たりの燃費排気量1L当たりの出力
ホンダ Fit 1.5L23.2km・t/L65 PS
ホンダ PCX 0.16L 8.7km・t/L105 PS
  • 重量1t当たりの燃費:乗員1人60kgとして燃費を総重量で標準化
  • 排気量1L当たりの出力:出力を排気量で標準化


重量あたりの燃費・排気量あたりのパワーと言う見方をすると、本当のところが見えて来ます。

  • 燃費はFITの圧勝
  • パワーはPCXの圧勝


バイクの燃費より、車の燃費の方がいい!



燃費が良いと評判のPCXですら、車に全く敵わない。

PCXの燃費が悪いのか?

PCXの燃費が悪いのか?

PCXの問題かもしれないので、他のバイクと比べてみました。

  • リッターバイクの雄 CBR1000RR-R
  • FITのエンジンを半分にしたと言われる NC750X
  • 燃費モンスター スーパーカブ50
車種総重量1t当たりの燃費排気量1L当たりの出力
CBR1000RR-R4km・t/L218 PS
NC750X7.8km・t/L78 PS
Super Cub 5010.8km・t/L74 PS


結果は変わらず、FIT燃費(20.2km/L)が圧勝です。

なぜ、車の燃費の方がいいのだろうか?



なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか? その理由

なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか? その理由

なぜ、バイクの燃費は車より悪いのか?

この答えを先に行ってしまうと

ユーザーが望んでいるから、燃費が悪い


いやいや

バイクも高燃費が望まれてる


そんなの決まってるよね?

その気持ちは解ります。

もちろん、バイクにも高燃費は望まれてる。

けど、燃費の優先順位は低い。

燃費より求められているのは、パワーです

パワーを実現する方法は2つ

  • 排気量アップ
  • 高回転化


バイクは高回転化を選択してるので燃費が悪いのです

バイクが燃費よりパワーを優先する理由

バイクが燃費よりパワーを優先する理由

あなたが望んでるから、パワー重視

  • 燃費の良いバイク
  • パワーのあるバイク

あなたはどちらが欲しいですか?

メーカーは常にユーザーの指向に寄り添います。

あなたが望むから、頑張ってパワーを絞り出してます。


パワーのあるバイクが売れる

パワーのあるバイクと燃費のいいバイク

どっちに興味がありますか?

80年代のバイクブームの頃は、毎年のようにモデルチェンジしてました。

More Power!

バイクメーカーは、パワーを競い合ってました。

今は80年代ほどではないけれど、その構図は変わってません。

CBR・NINJA・R25などが、しのぎを削ってます。

それもこれも、みんなが望むから。


もちろん、パワーを売りにしないクラシック系のバイクもあるけれど

それらは排気量で補ってます。

小排気量バイクには125cc、250ccに区切りがあるので排気量で補えないのも辛いところ。

環境・騒音対策にパワーが必要

環境・騒音対策にパワーが必要
  • 排ガス規制
  • 騒音規制
  • 安全装備

欧州排ガス規制(EURO6,7)を筆頭に、バイクにも環境性能が求められてます。

クリアするためには、燃料噴射装置・触媒・複雑なマフラーが必要。


バイクは、高価で重くなる一方です。

また、ABS・トルコンといった安全装備が望まれてるので、それも積まないといけない。


環境のため、薄いガソリンで重いバイクを走らせるには、

More Power!

バイクは軽量なので、燃費はついてくる

バイクは軽量なので、燃費はついてくる

ユーザーは車の燃費に毒されてます。

  • 車の燃費が20km/L
  • バイクの燃費が40km/L

並べるとバイクの燃費が良く見える。重量差など気にもしない。

バイクは車より燃費がいいね!


40km/Lも走れば十分!


バイクは燃費が良く見えるので、ことさら『ユーザーは求めてない』。


燃費が悪くなってきたら、チェックすることはココ



バイクのパワーを上げる方法は2つ

バイクのパワーを上げる方法は2つ

では、バイクのパワーを上げるにはどうすれば良いのか?

方法は2つです。

  1. 排気量を上げる
  2. 高回転まで回す

どちらも、燃費が悪くなる方向です。

そして、高回転まで回す方法が用いられることが多い。

1.排気量を上げる

ネガが一番少ないパワーアップ方法だけど、大きなネガが2つ

  1. 125cc・250ccに行政上の縛りがある
  2. 大きすぎるエンジンは、乗り難い

パワーを上げる一番の近道は、排気量を上げることです。

難しいことを考えなくても、ボアアップすれば燃やせる燃料が増える。

つまり、爆発のパワーが増えます。


排気量アップはネガが一番少ない推奨方法だけど、大きなネガが2つ。

  1. 125cc・250ccに行政上の縛りがある
  2. 大きすぎるエンジンは、乗り難い

各国で縛りの排気量は違うけど、縛りがあるのは変わりありません。


また、大きければイイと言うものでもないのが難しいところ。

1,000ccのバイクで街乗りするのは大変だし、3,000ccのバイクでツーリングも走り難い。

跨るのも大変だし、慣性の影響で止まれない・曲がれないバイクが出来上がる。

縛りの無い大型バイクでは有効

小排気量のような縛りが無ければ、排気量アップが一番自然です。

  • 600ccから700ccに
  • 750ccから1,000ccに

排気量を上げるだけで、必要なパワーが手に入ります。

2.高回転まで回す

高回転まで回す

高回転まで回すとパワーは上がるけど、ネガが2つ

  • 低回転がスカスカ
  • 燃費が悪くなる


パワー = トルク(排気量)× 回転数

パワーは回転数に比例します。

1万回転のエンジンを2万回転まで回せば、単純に2倍のパワーが絞り出せる。

排気量そのままでハイパワーエンジンが出来上がります。


例えばNinja ZX-25Rは、15,500rpmまで回してパワーを取り出してます。

車のエンジンは最高で6,000rpm、巡行時は2,0000rpm程度なので別物のエンジンですね。



排気量制限のある125cc・250ccや、重量増を嫌うSSでは回転数でパワーを稼ぎます。


もちろん、ネガもある

低回転がスカスカで燃費が悪くなる

高回転に合わせて作り込むので、低回転では効率の悪い状態になってします。

  • 低回転では吸排気のタイミングが合わない
     ⇒ 低回転でパワーが出ない
  • 高回転まで回すためにショートストロークにする
     ⇒ トルクも出ない


効率が悪いので燃費も悪くなる。

CB400SFのVTECのように、回転数で2バルブと4バルブを使い分けるギミックもあるけど

他機種に展開されていません。

あれはあれで万能ではないのでしょう。

高回転で回すと時間当たりの爆発回数が増える。

回数分だけ、燃料を消費します。

だから、高回転にすると燃費は悪くなります。


ハイオクを入れるとパワーアップするのか?



なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか? まとめ

なぜ、バイクは車より燃費が悪いのか? まとめ

バイクは排気量でパワーを稼ぐより回転数でパワーを稼ぐケースが多い。

だから、バイクは燃費が悪い。


しかし、

燃費も大事だけど、高回転までブン回して走るのは楽しい。

だから、ガソリン価格が手が届くうちは、ブン回して乗るのもいい。


環境への配慮は必要だけど、たまにはね!

ブン回せるのは、小排気量の特権だから。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました