PCXとカブの比較!優等生の『楽』とカスタム『楽しい』、どっち?

PCXとカブの比較125ccと150cc

125ccクラスのバイク選びで、必ず候補に挙がるのが

PCXとカブ。

PCXとカブどちらも、クラスを代表するバイクなのは間違いない

PCXとカブ

どっちを買うと幸せになれる?

そんな疑問を解消します。

  • 便利で優等生なバイクで『楽』をしたいならPCX
  • 1/1プラモ感覚でカスタムを『楽しみたい』ならカブ

どっちを買っても幸せになれる

こんな内容を知って、スッキリしよう。

125ccの軽くて手の内にある感覚は、大型バイクのトルクたっぷりな走りとは別な楽しさです。

どっちも楽しい。

同じように、125ccを代表するPCXとカブは、方向性は違います。

けれど、 PCXとカブ、どちらも楽しい。

両方とも、行っとく?

PCXとカブのスペック比較 (C125,CT125,PCX125)

PCXとカブのスペック比較 (C125,CT125,PCX125)
photo by honda.co.uk

スペックの比較から、PCXとカブの違いを見てみよう。

PCXとカブと言っても、バリエーションは多い。

  • PCX
    PCX125、PCXハイブリッド、PCX EV、PCX150/160
  • カブ
    50cc、110cc、クロスカブ、C125、CT125ハンターカブ

ここでは125cc同士、PCX125とC125・CT125に絞って比較してます。

 カブ(CT125/C125)PCX125
価格40.7~44万円35.7万円
ホイール径17inch13,14inch
変速方法セミATCVT
駆動方法チェーンベルト
タンク容量(L)3.7 (C125)
5.3 (CT125)
8.1
燃費(WMTCモード値)65~67km/L47km/L
最大出力(kW[PS]/rpm)7.1[9.7]/7,500 (C125)
6.5[8.8]/7,000 (CT125)
9.2[12.5]/8,750
重量110kg(C125)
120kg(CT125)
132kg
サイズ(mm)1,915×720×1,000(C125)
1,960×805×1,085(C125)
1,935×740×1,105
シート下収納30L

1.PCXとカブの価格

PCXとカブの価格

コスパで選べば、PCX

PCXがフルカウルなこともあり、ぱっと見はPCXの方が豪華です。

しかし、価格はカブの方が高い。

カブが40万円はチョッと引くけど、そういう時代だと納得するしかない。

カブが高くなったのでは無く、日本が貧乏になっただけです

もちろん、110ccのカブ・クロスカブと比べればPCXの方が高い。

この価格差は、原価の差というよりも販売台数の違いと思われます。

PCXは世界戦略車

PCXは、アジアをはじめEUなど世界中で売られます。

カブとは販売台数の桁が違う。

開発費やカウルの金型といったイニシャルコストを割る分母が違うので、勝負にならない。


日本が貧乏になった理由は、ココ

2. PCXとカブのホイール径

 PCXとカブのホイール径
photo by Honda

乗り心地、踏破性で選べば、17インチのカブ

  • PCXはシート下収納を稼ぐために小径ホイール
  • カブは17インチホイール

ホイール径が大きい方が、障害物を乗り越えやすい。

それに、タイヤのボリュームが大きいほうが、乗り心地も良くなる。


逆に、ホイールが小さい方が小回りは効きます。

けれど、落ち着きがないとも言えてしまう。


チョッとした不整地なら、気にせず入っていけるカブの勝ち。

3. PCXとカブの変速方法

 PCXとカブの変速方法
photo by Honda
  • 変速の楽しさなら、カブ
  • 変速しなくていい気楽さなら、PCX

カブは、クラッチ操作はしなくていいけれど、変速は自分で行う。

1速で発進したら、2⇒3⇒4。

停止したら1速に戻さなくてはいけない。

一方、PCXはスロットルを開くだけ。

PCXに全て任せておけば、最適なトルクの美味しいところを味わえる。


自分で支配したいか、任せて安心か。

好みの問題なので、引き分け。

4. PCXとカブの駆動方法

 PCXとカブの駆動方
photo by Honda
  • チェーン駆動のカブは、ロスが少なく燃費が良い
  • ベルト駆動のPCXは、メンテの頻度が少なくて済む

カブの方が 、チェーンの張り調整など、メンテ頻度は多い。

PCXはメンテフリーだけど、寿命が来るとベルト・プーリーなどゴッソリ交換になる

手間を面倒と思うか、楽しいと思いうか?

これも、好みの問題なので、引き分け。

5. PCXとカブのタンク容量

  PCXとカブのタンク容量
  • C125カブは、3.7Lしかない
  • PCXの8.1Lの半分以下

C125は、オンロード街乗り用途で使う人が多いので、実質的な問題は無いのかもしれない。

逆に、PCXのタンク容量が、125ccとしては大きすぎるのかもしれない。

しかし、

タンク容量は、大は小を兼ねるので、

PCXの勝ち。

6. PCXとカブの燃費

PCXとカブの燃費

PCXの47Km/Lも大概だけど、カブの60km/Lはアッパレ

しかし、航続距離は気になる

航続距離は、燃費×タンク容量なので

  • C125 240km
  • CT125 355km
  • PCX 380km

300km安心して乗れると、気分が良い。

C125の240kmは、実害は無いのだろうけど、チョッと気になる。

しかし、燃費はカブの勝ち。


PCX150の実燃費は、ココ

7. PCXとカブの最大出力

最大出力
photo by honda.co.uk

PCXは水冷なのでパワフルなエンジン

CVTと相まって、圧勝。

カブは空冷なので、最大出力では水冷のPCXには勝てない。

2022年モデルのC125は、新エンジン

既に、EUでは2022年モデルのC125が発表されてます。

⇒ EU ホンダ公式サイト

2022年から、モンキー125と同じエンジンに変更されます。

空冷は変わらないけれど、乗り味が楽しみですね。

8. PCXとカブの重量

PCXとカブの重量

バイクにとって、軽さは絶対正義

カブの勝ち

PCXの132kgも、200kgオーバーの大型バイクから比べると軽い。

けれど、110kgのC125は、本当に自転車感覚。

行き止まりの恐怖感はゼロ。

どこにでも突っ込んで、ダメなら引きずって方向転換できる気軽さ。

This is a motorcycle.

9. PCXとカブのサイズ

PCXとカブのサイズ
  • 積載性・安定性なら、バイクは大きい方が良い
  • 運動性なら、バイクは小さい方が良い

PCXはフルカウルなので大柄に見えるけど、カブとほぼ同じサイズ。

引き分けですね。

10. PCXとカブのシート下収納

PCXとカブのシート下収納

PCXのシート下収納は30L

PCXの圧勝

スクーターの良さは、シート下収納が広大なこと。

カブも荷台に箱を付ければ容量を確保できるけど、PCXも箱は付けられる。

利便性はPCXの圧勝。

このために、小径ホイールという犠牲を払ってるのだから、当然だけどね。


バイクとスクーターの違いなら、ココ

125ccのラインナップ詳細なら、ココ

PCXとカブのインプレ比較

PCXとカブのインプレ比較

スペックは互角。

何を優先するかで評価が分かれます。

使い勝手を比べると、方向性の違いが良くわかる。

PCXのインプレ

PCXはソツなく完成された優等生

いじり甲斐は、無い

PCXに乗って3年3万km経ちました。

不満の無いのが不満という、訳の分からない状態です。

  • 手の掛かる子ほど、可愛い
  • 不良っぽい子ほど、モテる
  • ドジな子ほど、愛される

ソツなく何でもこなす長男タイプの優等生は、恵まれません。


PCXは、出足が良くて、走りもいい。

荷物もたくさん載って、大きなカウルで雨で濡れにくい。


125ccの完成形の1つである『楽』さなのは、確か。

世界戦略車として、ホンダの本気が込められてます。


PCXのインプレなら、ココ

カブのインプレ

カブのインプレ

カブは、気負って乗らなくても良いのが魅力

他社との比較では無く、自分との対話

1958誕生し、総販売台数1億台を誇るカブ。

愛され続けている理由を数えるのは、難しくない。

  • 足付きの良さ
  • 跨がって乗る安定感
  • 価格の安さ
  • カスタム用品の多さ
  • メンテしやすさ
  • バイクらしいバイク

水を入れた田んぼの風景を美しいと感じるのは、日本人のDNAに刻まれた記憶です。

同じように、カブがドコドコ走る姿も、 日本人のDNAに刻まれてます。

カブのカスタム

⇒ Amazon PCX カスタムパーツ

⇒ Amazon カブ カスタムパーツ

この検索結果の差が、カブのカスタム熱を物語ります

  • 検索結果のヒット数を見比べて欲しい
  • カブの検索結果のディープさを見て欲しい

電子制御のカタマリになり、いじる楽しみが無くなったバイク。

そんな中で、カブならまだいじれるという1/1プラモ感覚があります。

  • 自分だけのカブにフルカスタム
  • 釣り竿ホルダーでカスタム
  • ステッカーでカスタム

『楽しむ』方法は、あなたしだい。

125ccの世界は深い。

PCXとカブの比較 まとめ

PCXとカブの比較 まとめ
  • 便利で優等生なバイクで『楽』をしたいならPCX
  • 1/1プラモ感覚でカスタムを『楽しみたい』ならカブ

どっちを買っても幸せになれます。

どちらも、本気のホンダが込められてます。

本気のホンダを知りたいなら、CBR1000RRに乗らなくても

PCXとカブの2台に乗れば見えてくる


併せて読みたい


バイクワン

・他社はマイナス査定するカスタムをプラス査定してくれる
・口コミでの評判が抜群にイイ
・オンライン自動査定で上限/平均買取価格がすぐわかる
・オンライン査定額から大幅減額しないことを明言
・業界No.3の地位を打破するため、高価買取中

バイク王

・業界No.1の200万台以上の買い取り実績
・No.1だからスケールメリットで高価買取が出来る
・TV CMでお馴染み

バイクランド

・業界第2位
・現金買取なので、急いで売りたいときは便利
・注力車種は査定額アップなので、車種によっては高く売れる

バイク館SOX

・累計の買取り台数 10万台
・買い取ったバイクは、全国のSOX販売店にて販売
・販売が一体なので、ムダが無く高価買取が出来る

タイトルとURLをコピーしました