PCXステップボードのカスタムは、キタコかエンデュランスがおすすめ

メンテ・カスタム

PCXの純正ステップボードは、分厚く丈夫なゴム製です。

滑りにくくて良いのだけれど、足跡が残るので美しくは無い。

どんなカスタムがあるのだろう?

そんな疑問を解消します。

ステップボード交換にはどんな選択肢があるのか紹介します。

琴線に触れるるものが有れば、幸いです。

PCX (JF81,KF30) ステップボード

おすすめは、やはり実績と信頼のあるキタコかエンデュランスです。

表面に凸凹加工がしてあり滑り難いので、実用的でもあります。

キタコ PCXステップボード

キタコのPCX用ステップボードは、精度が良いので取付時にネジ穴が合わなくて苦労する事は無い。

シルバーとブラックがあるので外装色に合わせて選べるのも良い。

エンデュランス PCXステップボード

キタコの外観に満足できないとしたら、エンデュランスがおすすめ。

実績もあり信頼できるメーカーです。

キタコより凝った外観なので、カスタム感がより強くなる。

その他メーカのPCXステップボード

トライにはなるけれど、

差別化を目指すなら、これらのステップボードを選んでみる手も有る。

安くて良いものに当たれば良いのだけれど、

  • ねじ穴が合わなかったり
  • 車体の曲線形状に合わなかったり

苦労するかもしれません。

This is カスタムの醍醐味

目を閉じて飛び込んでみるのも楽しい


ギャンブルする気が無いならば、キタコ・エンデュランスに戻る

ただの金属の板切れしては高いと感じるけれど、

キタコ・エンデュランスを使うと納得するはずです。

最後のは、ステップボードとサイドスタンドプレートという謎の抱き合わせ商品。

両方欲しかった人は、そう大勢いるとも思えないピンポイントの商品。

こういう商品、大好きです!

サイドスタンドプレートが気になったのなら、ココ

自作ステップボード

いっそ自作してしまうのもあります。

アルミ板から切り出してステップボードを自作するのです。

純正のステップボードから型取りすれば不可能では無い。

難易度は高いが金物細工が得意な方であれば、

あるいは。

そんな人は、塗装も慣れているはずです。好みの色に塗れば完璧です。

ステップボードの取り付け方法

ステップボードの取り付け方法

純正ステップボードは、ゴムの弾性で止めてあるだけ。

手で引っ張れば剥がせます。

剥がした後に、新しいステップボードをウェルナットで止めれば交換完了!

ドライバー1本でできる作業です。

ねじが沢山ある時のお約束

いきなり本締めせずに、全体のねじをすこしづつ締めていこう

いきなり本締めすると、端の方でねじ穴位置が合わなくなり

もう一度、全てのねじをやり直す羽目になる

ラバー+スチールタイプは、ラバーの上にスチールを両面テープで止めます。

金属ステップボードの注意点

金属ステップボードの注意点

雨で滑る

純正のゴム板ステップボードを金属製のステップボードにすると、外観が大きく変わります。

カスタム感が出るので、自分らしさを表現するにはいい。

見た目も美しいけれど、金属は雨に濡れると滑りやすくなるので注意が必要です。

雨の日だけでなく、雨上がりで靴の裏が濡れているだけでも滑り易い。

ステップボードにエンボス加工をして考慮しているタイプもある。

けれど、純正のゴム板には勝てません。

コーナリングで踏ん張ったときに滑ってバランスを崩すと大変!

雨の日は手加減しよう。

傷つき易い

アルミなどの柔らかい金属で作ってあるので、土や砂がついた靴で乗り込むと傷がつきます。

ヘアライン仕上げだったりするので、目立つことは無いけれど、ある程度の諦めは必要。

なるべく土や砂は払ってから乗り込もう。

PCX (JF81,KF30)のステップボードはキタコかエンデュランス まとめ

PCX (JF81,KF30)のステップボードはキタコかエンデュランス まとめ

PCX(JF81,KF30)のステップボードを交換するなら、キタコかエンデュランス

安価な他社製もあります

けれど、ねじ穴が合わなかったり曲げ形状が合わなかったり

苦労する事が多い

運が強かったり、不一致な部分を自分で吸収できるのであれば

そんな他社製も選択肢に入ってきます

ステップボード交換は、ドライバー1本で出来る簡単なカスタムです。

しかし、目にする面積が大きいのでPCXのイメージが大きく変わります。

  • スポーティにするか
  • キレイ系にするか
  • ボディ色と同系統色でシックにまとめるか
  • 目立つ色を持ってくる方向か

カスタムを妄想するのも楽しい。

併せて読みたい

PCXカウル脱着ノウハウ

PCXカウル脱着ノウハウをnoteにまとめました

すべてのカウルのツメの位置・方向からして、どうカウルを動かせばツメを折らずにカウルを外せるかを解説しています。

有料noteですが、カウルの値段よりずっと安い

ツメを折ってカウルを買い直すことを考えれば、直ぐに回収できます。

転ばぬ先の杖になるはずです。

全98ページのpdfです。

ここから入手をお願いします>>>ここから

目次

  1. メーターパネル
  2. フロントカウル
  3. サイドカウル
  4. リアカウル
  5. フロントフェンダー
  6. 番外.リアサスペンション交換フロントカウル

メンテ・カスタム外装
バイク王 無料お試し査定

無料でバイクの価値を調べるならココ!

保険の窓口インズウェブ

無料でバイク保険を一括見積りするならココ!

加入者23万突破のバイク盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】

無料でバイク盗難保険を見積もるならココ!

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました