【なぜ、選ばれるのか】PCXは他のバイクと比較して何が良いのか?

PCXPCX
スポンサーリンク

PCXの人気は続いてます。

125ccクラスでは、PCX125がトップ

250ccクラスでは、PCX150が第2位の販売台数です。

PCXのどこがうけているの?

実際に所有してみて、評価は?

PCXを買う前のイメージと現実にギャップが有るのか無いのか?

そんな疑問を解消します。

スポンサーリンク

PCXは、日々の生活を豊かにしてくれる

PCXに乗ると、自然と鼻歌が出ます。

PCXに乗ると、日々の生活が豊かになります。

日々の生活をちょっと豊かにするツールがPCXです

  • PCXは、125ccクラスとしては大柄です
  • PCXは、250ccクラスほど購入・維持に覚悟は要りません

移動の足としての125cc、だけでは物足りない人は多い

PCXとNMAXの比較

購入前のイメージ

PCXの購入を考えている人は、NMAXも気になります。

NMAXとPCXを比較すると

  • 燃費・航続距離ならPCX
  • スポーティなNMAX

のようなイメージになります。

 PCXNMAX
燃費〇 50.7km/L43.6km/L
パワー〇 可変バルブ
ブレーキ後輪ドラム〇 4輪DISK
 前輪ABS
燃料タンク〇 8L6.6L
スポンサーリンク

PCX購入後の感想

実際にPCXを所有した人の口コミから聞こえてくるのは、

PCXでも、日常使いには十分なパワーがあり必要十分だと感じていることです。

PCXのパワー不足は感じない。十分に車の流れをリード出来る。

PCXの後輪がドラムであるデメリットを感じることは無い。

ガソリン残量を気にせず300km走れるのは、便利すぎる。

ABSは負けてる。前輪ABSは欲しい

パワー、運動性能

250ccや大型バイクに比べればカメですが、

125ccクラスでも、青信号で車を引き離すのは十分可能です

運動性能はNMAXの方が高いのだろうけれど、

街乗りでは関係有りません

ツーリングでも、そんな走りをするバイクでは無いので気になりません。

後輪ドラムのデメリットを感じることはありません

後輪ブレーキにタッチを求めたり

ドラムがフェードするような走りをする人が居るとも思えません。

利便性

125ccクラスとしては大柄なサイズが、街乗りでは気になることもあります

買い物で自転車の間に駐車する時や、車をすり抜ける時には気を使います。

けれど、それはNMAXも同じ。

街乗りだけなら、PCX・NMAXを買う意味はありません。

周り小さくて37Lの巨大なシート下収納のリード125を選んだ方が幸せになれます

リード125も水冷125ccなので、街乗りに不足は有りません。

週末ツーリング

PCXは普段は街乗り、たまには週末にツーリング、の使い方でこそ光ります

そんな週末ツーリングでは300kmガソリン残量を気にせず走れるのが、便利すぎます。

燃費より、航続距離が便利です

日帰りツーリングなら、ガソリンを気にせずに帰ってこられます。

NMAXでは途中に給油の必要が出てきます。タンクがあと3L欲しい。

普段は街乗りで、たまにツーリングという使い方にはPCXは最適です。

PCX150と250ccの比較

購入前のイメージ

PCX150と250ccバイクは、意外と競合します。

日本の法律では150と250は同じ区分なので、税金や走れる道路は同じです。

維持費に差は有りません。

125ccはファミリーバイク特約が使え、税金も安いというイメージですが

実際には125ccと250ccと維持費の差も僅かです。

⇒ 125cc と 150cc の比較 (維持費)

10万程安いPCXをとるか、250ccのパワーを取るになります。

  • パワーは、250ccの圧勝
  • 燃費・価格では、PCX150
 PCX150250ccバイク
燃費〇 50.7km/L30km/L前後
全長1925mm2000~2200mm
パワー
ブレーキ後輪ドラム〇 4輪DISK
車両価格〇 38万円60~80万円

 

スポンサーリンク

PCX150購入後の感想

150ccと250ccで悩んでPCX150を選んだ人は、

バイクも好きだが、バイクを移動手段として出会える風景や美味しいもの

を重視しているように感じます。

バイクに乗ることが目的ではないので、必要十分な性能が有れば

それ以上の 有り得ない加速をするパワーは必要としていません

あくまで、実用の延長線上のプラスアルファの余裕を求めてPCXを選んでます。

購入前のイメージ通り

  • パワーは、250ccの圧勝
  • 燃費・価格では、PCX150

250cc以上は、趣味バイクです

パワー、運動性能

PCX150の1.7倍のエンジンが250ccですので、勝負になりません

250ccバイクが本気を出せば、あっという間に見えなくなります。

けれど、主戦場の街乗りではPCXの14インチタイヤの小回りが効いてきます

250ccや大型バイクは、PCXの上位互換にはなりません。

大が小を兼ねないのが、バイクの楽しいところです。

ひと昔前は、こう言われてました。

高速に乗らなければ、250ccで十分

けれど150ccという選択肢が出て来て

高速の最低排気量が250から150ccになりました。

  • リッターバイクで高速を悠々と走る楽しさ
  • 高速道路で最弱のエンジンで高速を走る楽しさ

どっちも楽しくて、大は小を兼ねない

快適性

街乗り特化なら小柄なリード125に勝てないように、

ツーリング特化なら250ccサイズの安定感には勝てません。

  • 125ccクラスとしては大柄なPCXだけど、250ccと比べれば1周り小さい
  • リード125ほど小さくは無いので、週末のお出かけにも使える

そんな、「街乗りプラスアルファ 」 がPCXの立ち位置です。

街乗りだけじゃ物足りない

 

けれど、250ccは高価でチョット

そんな人に、PCXは最適解です

125ccとしては豪華装備で高いけれど、250ccバイクと比べれば10万安い。

そんな途中半端なところが、PCXの良さです。

日常の足プラスアルファ

そんなバイクライフも楽しい

PCXは他のバイクと比較して何が良いのか まとめ

  • 運動性では、NMAXに勝てない
  • 小回りでは、リード125に勝てない
  • ツーリング適正では、250ccに勝てない

けれど、

平日は街乗り、週末はトコトコ郊外にツーリングに出掛け

美しい風景や、その土地の名物を堪能する

そんなライトな使い方には、安くて航続距離の長いPCXがベストです

なにより、カッコイイ

生活の足だった125ccにちょい足しして、週末のツーリングにも使えるようにしたのがPCX。

尖がった性能は無いけれど、日々の生活を豊かにしてくれます。

それが、PCXが選ばれている理由です。

乗り出すまでの初期費用なら>>>こちら
必要な免許なら>>>こちら
保険料なら>>>こちら
維持費なら>>>こちら
利便性なら>>>こちら
小排気量が気になったなら>>>こちら
PCX150に2年乗った感想なら>>>こちら

PCX バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました