PCXを選んだ理由はカッコいいから!他にバイクの選び方は無い

PCX

私がPCXを選んだ理由は、カッコ良いからです

バイクを選ぶときに、他に判断基準が有る訳ありません。


第1印象で決めれば、間違い有りません。

スポンサーリンク

バイク探し

NINJA 250SL

PCXの前は、NINJA 250SLに乗ってました。

超マイナーで、ドMなバイクでした。


いつも、『SL』って何?、『SP』スペシャルパッケージの間違いでしょ。

と言われ続け、単気筒のNINJAが有る事は誰も知りませんでした。

シートより低く感じるほどハンドル位置が低く、土下座スタイルを強要されます。

でも、楽しいバイクでした。


目線を向けただけでクルンとコンパクトに旋回するのがたまらなく面白い。

日本の狭苦しい峠道にはピッタリです。タイトコーナーが楽しくて仕方ありませんでした。

ただし、1時間限定です。1時間過ぎると腰が悲鳴をあげます

このバイクを選んだのも、カッコ良いからです。


小さいくせに、KRTカラーリングだけ大きなバイクと同じです。

コンパクトで、 非力で 、レブまで回し切るのが楽しくて。


昔の2STの面影を感じます。美味しい回転数をつないで走るのが楽しくて愉しくて。

1時間は

NINJA250SLは、結果的に気難しいバイクでしたが、全然後悔してないのです。


あれはあれで、楽しかった。

腱鞘炎

ちょうどその頃に、腱鞘炎になりました。


ブラックITの端くれにいますので、昔から腱鞘炎は職業病みたいなものです。


さすがに昔のように一日中プログラムを書きまくる事は無くなりました。

しかしプレゼン資料などで1日キーボードを叩く事はままあります。

250ccのクラッチさえ引けなくなりました。人差し指に力を入れると脳天まで響きます。

バイクも卒業かな、と考えてました。

でも、バイクを処分するとは言えずに居ました。


NINJA 250SLはずっとカバーを掛けっぱなしでした。

そんな時、PCXがモデルチェンジしたのを知りました

PCX JF81 KF30

ネットを見ていて、PCXのインプレ記事に出会いました。


PCX関連の記事をあちこちのサイトで読み耽りました。

  • 厳つくなった顔つき
  • 剛性感UP
  • キーレス
  • フルLED
  • アイドルストップ

とにかく、正面から見た顔つきがカッコ良い


週末に実物を見に行ってみるか、と言いながら本当はもうPCX150に決めてました


決めていなかったのは、オプションだけです。

※HONDA公式を引用

ドリームにて

思えば、クラッチの無いバイクは、初めてのバイク(原1)以来です。

週末、ドリームで実物を見せてもらいました。


スクーターと言えば、若い子が変な音を出して乗ってるというイメージでした。


でもPCXはそんなスクーターとは一線を画してます。


LEDを強調した顔つきや、テールランプ類はやりすぎ感有りますが、受け入れられます。

大きなスクーターと並べると、コンパクトで扱い易そうでした。

先進装備のギミックもやりすぎ感有りますが、受け入れられます。

話をしていると、『人気が凄くて納期が見えません。でも今なら丁度1台・・』。


お約束のセリフが来ました


近所の安売り店の値段をリサーチして行きましたが、価格差も思ったほど有りません。

下取りを含めると、トントンです。

まとめ

翌月には、無事納車されました。

クラッチ無しで、アクセルだけで走り出すのは新鮮です。


エンストしないし、勝手に変速するのも、新鮮です。

腱鞘炎に優しく、新鮮です。

心配していたのは、足つきとパワーの無さでした。


シート高は764mmですが、スクーターはシートが広いので足つきを心配してました。


身長172cm股下78cmの日本人体形が乗ると、僅かにかかとが浮く程度です。前の方に座ればかかと迄しっかり着きます。

130kgしかないのと重心が低い事もあり、全く不安が有りません。

また、足を投げ出して走っている時も、ちょうど良い距離にフットボードが有ります。


このバイクは、170cm程が適正身長な気がします。

180cm身長が有ると窮屈に感じるかもしれません。

パワーは必要十分です。

80km/h迄は非力さを感じません。

250ccバイクに付いて行く事に何の問題も有りません。

もちろんシフトダウンしてフル加速されたら付いて行けません。

100km/hで高速巡行するのも問題有りません。

余裕はあまり有りませんが流れに乗れず怖い思いをする事も有りません。

しかし長距離を走るのであれば、90km/hで巡行するのがおすすめです。

余裕をもって走れるので安心感が有り疲れが少ないからです。


バイク選びのコツは、第1印象です

パッと見て、

カッコイイ!!


今時、外れのバイクなんて無いのだから第1印象を信じてあげれば間違いありません。


スペックとかは、後付けで十分です。

このバイクに乗っていると、初めての原1を思い出します。


バイクにハマったのもあのバイクの責任です。

このバイクでトコトコ走っていると、あの頃を思い出します。

PCX バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました