中古250ccビッグスクーター3選!【ダサくてカッコよくて人気】

バイクを売る
photo by [Yamaha](https://global.yamaha-motor.com/jp/)

Amazonで10人に1人 5万ポイントが当たる

2022年11月18日~12月16日

Amazonで10人に1人が5万ポイント貰えるキャンペーン実施中です

エントリーしないのは勿体ない!

⇒ Amazon公式 キャンペーン

運試ししませんか?

2000年頃のビッグスクーターブームを知ってますか?

250ccクラスを中心とした大柄なスクーターが大ヒットしました。

通称『ビクスク』。

過熱し過ぎたために、アッという間に消えていったスクーターブームです。

今のスクーターとは違うの?


どんなスクーターがあったの?

そんな疑問を解消します。

当時のスクーターを今見ると新鮮で、ダサカッコいい

おすすめ3台

  • ホンダ FUSION Type X
  • ヤマハ MAXAM
  • スズキ Gemma

いずれも、今のバイクには無い怪しい雰囲気を放ちます

食わず嫌いは勿体ない。

状態のいい個体を見付けて、捕獲してみる?

ビッグスクーターブームの復習

ビッグスクーターブームの始まり
photo by Suzuki

この写真は、2008年スズキ ジェンマ。

ビッグスクーター、通称『ビクスク』の頂点に立つ1台です。

これ以上インパクトあるバイクは、いまだ現れてません。

ここに至った、ビクスクの流れを見てみよう。

1980~90年代 フルカウルレプリカブーム

90年代 フルカウルレプリカブーム
photo by Honda

この時代、バイクは毎年のようにモデルチェンジを繰り返してました。

馬力競争をして先鋭化を極めました。

写真の1988年ホンダNSR250R SPは、当時憧れの1台。

  • 250cc
  • 45ps/9,500rpm
  • 水冷・2サイクル・90度V型2気筒
  • マグネシウム製ホイール
  • 660,000円

公称最大出力45PSだけど、

配線1本変えるだけで簡単に60PSに出来る

そんな伝説を持った1台

当時と今の物価指数を比べると、約4倍。

⇒ 総務省 統計局 消費者物価指数

単純に、当時の販売価格66万円を今の物価に直せば、264万円。

性能も凄いが、値段も凄い。

とてもじゃないけど、20代で買えるバイクじゃありません。

いつしかユーザーが置いてけぼりになり、疲れたユーザーが1990年代に飛びついたのがコレ。

KAWASAKI ZEPHYR

等身大で走りを楽しめるバイクです。

同じように、疲れたユーザーが安楽を求めて目を付けたのが


オジサンの乗り物だったスクーターです。

1995年 ヤマハ マジェスティ

1995年 ヤマハ マジェスティ
photo by Yamaha
  • サイズ:2110×764×1330mm
  • 重量:158kg
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:21PS

1995年発売のヤマハ マジェスティからビッグスクーターブームが始まりました。

現行PCXの年間販売計画が8,000台ですが、それを上回る1万台のセールスです。

当然、他社も参入してビッグスクーターブームが始まります。

結局、1980年台のレーサーレプリカブームと同じことを繰り返します


大量のニューモデル投入と高価格化

アッという間に飽きられてブームは10年ほどで終わります


ビッグスクーターブームのあだ花

一周回って、当時のビッグスクーターが魅力的に見えてくる。

2002年 ヤマハ マジェスティC

2002年 ヤマハ マジェスティC
photo by Yamaha
  • サイズ:2140×770×1165mm
  • 重量:171kg
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:22PS

2002年にマジェスティの派生モデルとして登場したマジェスティCは、街乗りを意識したショートカウル。パイプハンドルなどでストリートカスタムしたモデル。

派生モデルだけで1万台の大ヒット。今のPCX以上に街に溢れました。↓

ここまでは、まあ、正常進化

2002年以降のブーム終盤はイロモノに溢れていきます。

中古250ccビッグスクーター3選!

1周回って、カッコいい中古ビッグスクーター3選

ビクスクも、終焉は先鋭化したモデルがしのぎを削った

2000年後半になって来ると、ビッグスクーターブームも頂点を迎えます。

1980年台のレーサーレプリカブームのように、先鋭化したモデルが出て来ます。

しかし、上り詰めたら、後は下るしかないのも事実です。

尖り過ぎだったこの3台を今見ると、一周回ってカッコイイ!

  1. ホンダ FUSION Type X(フュージョン
  2. ヤマハ MAXAM(マグザム
  3. スズキ Gemma(ジェンマ)

1.2005年 ホンダ FUSION Type X (フュージョン)

2005年 ホンダ FUSION Type X
photo by Honda
  • サイズ:2265×745×1115mm
  • 重量:170kg
  • 排気量:244cc
  • 最高出力:19PS

1600mmというとんでもない長いホイールベースのFUSION

どうやって曲がるのか試してみませんか?

FUSIONは、バイクと車のフュージョン、融合の意味だそうです。

ノーマルをベースにメッキハンドル・ショートスクリーンでストリートカスタムしたモデルがType X。

photo by SoftBank


スマホ登場前夜のズームカメラ搭載、折り畳みギミック満載のアナログ携帯電話。

それに通じるデザインです。


大昔の低予算SF映画の宇宙人が乗ってそうな雰囲気もある。


さらに

全10色設定!

好みの色が無いとは言わせない


翌年には、Type XをさらにカスタムしたType XX が登場するといカオス

2.2007年 ヤマハ MAXAM(マグザム)

2007年 ヤマハ MAXAM
photo by Yamaha
  • サイズ:2365×825×1050mm
  • 重量:201kg
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:20PS

とにかく、長くてデカくて背が低い


流石にこのサイズ・200kgを20PSで元気に走るのは難しい

けれど、そんなことはどうでも良い。

2005年新発売されたヤマハMAXAM。


こんな美しいバイクは、もう2度と出て来ません。

彼女を後ろに乗せて夜の街をクルーズならこれしかない!


2007年マイナーチェンジで設定された色が『ベリーダークオレンジメタリック1』。


こんなエロい色のバイクも二度と出ません。

3.2008年 スズキ Gemma(ジェンマ)

2008年 スズキ Gemma
photo by Suzuki
  • サイズ:2280×810×1085mm
  • 重量:210kg
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:22PS

スズキは、昔もスズキでした

決して期待を裏切らない

なぜ、この形。

なぜ、この色。

どこに向かっているか。

SKYWAVEという正統派ビッグスクーターで戦っていたスズキのご乱心


これをスクーターと呼んで良いのかすら戸惑う


スズキが作った金田バイクです

現代のビッグスクーター2選

現代のビッグスクーター
photo by Honda

あれから20年近く経ちます。

スクーターの主力はアジアで人気の125cc、150cc。

グローバルモデルの日本輸入が当たり前になりました。



かつてのビッグスクーターブームのような、日本専用モデルはもう有りません。

日本のバイク市場が縮小したため、日本専用モデルなど作ってる場合じゃない。



250ccクラスのビッグスクーターも同じです。

欧米向けのグローバルモデルが日本で販売されてます。


現代のビクスクを代表するのは、この2台。

  1. ヤマハ XMAX
  2. ホンダ FORZA

1.ヤマハ XMAX

ヤマハ XMAX
photo by Yamaha
  • サイズ:2185×775×1415mm
  • 重量:179kg
  • 排気量:249cc
  • 最高出力:23PS

筋肉質なイケメンに生まれ変わり、 MAXAMの面影はどこにも有りません。

ヤマハのスクーターと言えばマジェスティでした。

しかし、海外でのモデル名XMAXが日本でも使われるようになりました。

筋肉質なイケメンに生まれ変わり、マジェスティの面影はどこにも有りません。

ブルーコアエンジン、ABS、トラクションコントロール。

スクーターだからと言う言い訳が出来ない、走りに振ったバイク。

2.ホンダ FORZA

ホンダ FORZA
photo by Honda
  • サイズ:2140×750×1355mm
  • 重量:184kg
  • 排気量:248cc
  • 最高出力:23PS

フォルツァはモデル名こそ昔から変わってません。

しかし、XMAX同様に中身はグローバルモデルに生まれ変わってます。

シュッとしたイケメンに生まれ変わって、面影は有りません。

電動スクリーン、スマートキーなどの豪華装備が光る利便性の高いモデル。

125ccクラスのPCXとNAMXの立ち位置と同じです。

便利装備の FORZA と走りのXMAX

あなたは、どっち?

中古250ccビッグスクーター3選! まとめ

中古250ccビッグスクーター3選! まとめ

大型バイクブームが一段落して、今は250ccブームです。


車検は無いが高速に乗れる。

美味しいとこどりの250ccですが、最近の250ccは様子が違う。


4気筒バイクの復活を始めとして、大型バイク顔負けの豪華装備のバイクがしのぎを削ってます。

環境性能のための追加コストも年々高くなり、バイクが高価格化して来てます。


かつてのレーサーレプリカブームにも似た匂いが、しませんか?

高性能な250ccに疲れたら、

かつての若者が選んだように

中古250ccビッグスクーターで癒されてみませんか?

最近のイケメンなビッグスクーターも良いけれど

ダサカッコ良くておすすめな中古ビクスクは、この3車。

  • ホンダ FUSION Type X
  • ヤマハ MAXAM
  • スズキ Gemma

車名が読めますか?

バイクを乗り換えるなら、今のバイクを下取りに出すのは勿体ない

高く売って、次のバイクの予算を確保しよう


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました