【無料】バイク保険の価格・ロードサービス比較!【プレゼントあり】

バイク保険の比較バイク保険
スポンサーリンク

毎年、バイク保険の更新時期になると

更新手続き資料が送られてきたり、更新案内メールが来ます。

よく比較して入った保険会社だ!

今年も同じで良いよね?


比較するの大変だし


そんな疑問を解消します。

なぜ、去年安かった保険会社が今年も安いと思うのですか?

あなたは、損をしているかもしれない。

スポンサーリンク

バイク保険の保険料は毎年変わる

去年の最安の保険会社は、今年の最安とは限らない

今年と同じでいいや、という思考停止は損しか有りません。

バイク保険の保険料は毎年変わる


保険会社は毎年保険料の見直しをしています。

最近のバイク保険は、リスク細分型といって

年齢・性別・住所ごとに、実際に支払った保険金額の統計を取ってます。


今年保険金を多く払った層は、リスクが高くなったので保険料が上がります

今年に最安だった保険会社は、

保険料改定で最安で無くなったかもしれない

毎年、保険会社を比較すしないと、

知らずに損をしていることになる。

各保険会社の価格を調べるのは大変

各バイク保険のカイシャのサイトを訪れて、バイク保険の見積をするのは面倒です。

年齢、住所、契約内容などなど。

同じことを何度も繰り返さないといけない。


けれど、一括見積サイトを使えば、簡単に15分で済む作業です。

一括見積サイト

一括見積サイトは完全無料で、バイク保険会社の見積を横並びに見る事が出来ます。

もちろん、しつこい電話勧誘も無し。

無料の一括見積をすれば

  • 簡単に各社の見積を横並びに見る事が出来る
  • A社からB社に乗り換えると数千円安くなるのがすぐわかる
  • キャンペーン中なら無料の比較だけでプレゼントが貰える
バイク保険各社の保険料を簡単に比較

バイク保険各社の保険料を簡単に比較

アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクトなどバイク保険会社は沢山あります。

それぞれの保険会社サイトで見積もりをして、

どこが一番得か比較するのは大変な手間です。


年齢、バイクの種類、補償内容を

1回入力するだけで、

複数の保険会社に一気に見積もり依頼して、

比較することが出来るサービスが

一括見積サイトのサービスです

一括見積サービスサイトは色々ありますが、最も信頼できるのは、保険の窓口インズウェブ」です。

⇒ 保険の窓口インズウェブ

なぜ、「保険の窓口インズウェブ 」は信頼できるのか

なぜ、「保険の窓口インズウェブ 」は信頼できるのか

保険の窓口インズウェブ」は、一括見積サイトに必要な要件を満たしている

  1. 運営会社が信頼できる
  2. 主要バイク保険会社が全て入っている
  3. 多くの保険会社の見積もりを同時に入手できる

1.運営会社が信頼できる

個人情報を入力するのですから、怪しげなサイトには入力できません。

「保険の窓口インズウェブ 」 の運営会社は、 東証一部上場のSBIホールディングス株式会社です。

商号SBIホールディングス株式会社
資本金92,018百万円
従業員数連結 6,906名 / 単体 217名
事業内容株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等

大手ですので、当然のように個人情報保護方針個人情報の取り扱いについてが公開されてます。

本人の同意か法令に基づく場合を除いて個人情報が第三者へ開示しない旨が明記されてます。今時、このような大手企業が個人情報をおろそかにするとは考えられません

プライバシーマーク 認定業者

このプライバシーマークを見られたことがあると思います。

SBIホールディングス株式会社は、個人情報の取扱いを適切に行う企業としてプライバシーマークの使用を認められた認定業者です

2.主要バイク保険会社が全て入っている

バイク保険の大手3社(アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクト)を含め8社が参加しています。主要8社を全て参加している一括見積は他に有りません。

  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト
  • 共栄火災
  • 損保ジャパン日本興亜
  • AIG損保
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和

3.多くの保険会社の見積もりを同時に入手できる

「保険の窓口インズウェブ 」 は、8社が参加してます。

その中からあなたに最適と思われる最大5社の見積もりを一気に取る事が出来ます。最大5社は他にありません。

スポンサーリンク
一括見積手順

保険の窓口インズウェブの一括見積手順

準備するもの

今の補償内容が解る資料

更新手続き資料として送られてきた資料を手元に用意しておくと入力が早く進みます。

新規の場合は当然必要有りません。

今の補償内容が解る資料
  • 対人・対物 無制限
  • 搭乗者傷害 200万
  • 人身傷害 3,000万
  • 対物超過修理特約
  • 弁護士特約   など

今の保障内容がわかる資料を準備しておこう。

補償内容の見直し

保険の更新は、補償内容を見直す良い機会です。

今の補償内容を来年も続けるのか?

補償を増やす部分、減らす部分が無いのか再確認しよう。

  • 人身傷害 3,000万は少なくない?5,000万にする?
  • 弁護士特約は車で入っていないか?車の特約がバイクでも使えます

「保険の窓口インズウェブ 」 の入力方法

保険の窓口インズウェブ」にアクセスし、必要情報を入力していきます。

トップページにキャンペーンのお知らせがついていたら、ラッキー。

無料の一括見積をするだけ

保険の契約をしなくても、プレゼントの権利が貰える


⇒ 保険の窓口インズウェブ

トップページはこんな感じです。

キャンペーンの告知が有りましたか?

 「保険の窓口インズウェブ 」 の入力方法

個人情報入力

一括見積のための情報を入力します。

バイクの排気量から始まります。

現在保険に加入しているなら現在の等級などの情報、住所・氏名などを入力していきます。

入力は選択方式が多く、入力が容易になるように工夫されています。

また、上部のバイクの絵の進み具合で入力項目の進み具合が解るようになっています。

進捗が見えるので、後どれくらいか解り安心感が有ります。

個人情報入力

補償情報の入力

個人情報の入力が終わると、最後に希望する補償内容を入力します

と言っても、特約などの詳細項目は無く、対人・対物・人身などの基本的な補償内容のみです。

これも選択方式ので、入力はすぐに終わる。


入力開始から入力完了まで15分もあれば終わります

後は保険会社からの連絡を待つだけです。

サイトでは3分と記載してますが、流石にそれは短すぎです。

保障内容の入力

見積もり入手

入力完了から30分程度で、入力条件にふさわしい保険会社が選ばれてメールで連絡が来ます

メールには保険料と共に保険会社へのリンクが記載されています。


そのリンクを辿ると、

保険会社のサイトには既に一括見積で入力した項目が入力されてる!

詳細オプションを選ぶだけの状態になってます。

メッチャ、便利!


もちろん、補償内容を変えるのも自由。


入力し直す2度手間が無くて楽チン。

保険会社のサイトで最終確認をして申し込めば完了です。


確認メールが来れば、OK!

スポンサーリンク

タイミングがあえばキャンペーン商品もアリ

保険の窓口インズウェブ」 では、一括見積りをした人にプレゼントを行うキャンペーンを行う事があります。

プレゼントのタイミングに当たった人はラッキーです。

キャンペーンが出て来なかった人は、残念!

他で運を使おう。

「保険の窓口インズウェブ 」のサイトに行き、

キャンペーンの告知があった人はラッキーです。

⇒ 保険の窓口インズウェブ

タイミングがあえばキャンペーン商品もアリ

一括見積の心配な点

一括見積と聞いて心配するのが、しつこい勧誘電話や、営業メールです。

しかし、 「保険の窓口インズウェブ」からは一切勧誘はありません。

保険の窓口インズウェブ」からは一切勧誘はありません

一括見積の入力完了時に、お礼のメールが一通来るだけです。

なぜなら、

「保険の窓口インズウェブ 」は保険代理店ではないから。

保険の媒介・募集・販売行為は一切行なっていないのです

「保険の窓口インズウェブ 」 のビジネスモデルは?

「保険の窓口インズウェブ 」 は保険会社から紹介料を得ていると思われます。

  • 特定の保険会社に優先的に紹介していたら、他の保険会社が逃げます
  • しつこい勧誘を行うというウワサが立てば顧客が逃げます

一括見積後の詳細見積もりや契約は、保険会社と直接行うので「保険の窓口インズウェブ 」は出てきません。

しつこい営業の心配は有りません。

スポンサーリンク

任意保険の保険料は各社で意外と差が有る

バイク・車とも任意保険は、代理店よりネット型が主流になってます。

何より保険料が安い。

事故の時に、きちんと対応してくれるか不安!

かつてはこんな話もありましたが、ネット型だからと言って加減な対応で生き残れるほど世の中は甘く有りません。

ネット保険は、リスク細分型

ネットの任意保険はリスク細分型です。

性別・年齢・住所などで事故に遭うリスクを細かく設定してます。

  • 事故を起こすリスクの高い人には高い保険料
  • 事故を起こすリスクの低い人には安い保険料

このリスク見積もりが各保険会社で異なるので、同じ条件でも保険料が変わってきます。

リスク計算は常に見直されてます

 ⇒ 今年最安だった保険会社が来年も最安とは限らない

保険会社ごとに見積もるのは手間がかかる

ネットで自分の情報と必要な補償を入力すれば、保険料は解ります。

しかし、保険会社はいくつもあります。1社つづつ同じ事を打ち込むのは大変です。

一方、今年と同じバイク保険なら、『継続』ボタンを押すだけです。

どうせ、どこでも同じような物でしょ!

 

継続でいいや。

もったい無い!

 

保険会社ごと保険料は違います

一括見積すれば、15分でそれが解るのに

 

PCXの保険を一括見積した結果

私は、毎年保険の更新時期になると、毎年一括見積もりを行っています。

今年最安値でも翌年は別の保険の方がお得なことが良く有るからです。

いちいち、各保険会社のサイトで見積もりなんて面倒していられない

今年は三井ダイレクトでしたが、

来年はチューリッヒにしました。

2,000円お得だったからです。

三井ダイレクトは年間走行距離によって保険料が変わらないのが良いところです。

しかし、今年の走行距離からすると チューリッヒの方がお得になりました。

もちろん、保険料以外のロードサービスなどを含めて比較した結果です。

チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクトのロードサービス比較

ロードサービスも各社で意外と差が有る

バイク保険は価格だけじゃなく、ロードサービスの内容もチェックしたい

多少、掛け金が安くても、いざという時に出費が必要なら元も子もない。

結論から言うと、

チューリッヒのロードサービスが充実している

  • 修理工場へのレッカー移動距離が100Kmと長い
  • キャンセル費用、修理後の車両配送費用も保障される

主要3社のロードサービスを比較すると、各社の特徴が解ります。

チューリッヒは、とにかくロードサービスが充実している。

行けなくなった宿のキャンセル費用の保障まである。


多少価格が高くても、ロードサービスでチューリッヒを選ぶという手もある。

 チューリッヒアクサ三井
無料レッカー範囲100Km

50Km
(保険会社指定の
修理工場は距離制限なし)

50Km
(保険会社指定の
修理工場は距離制限なし)

修理後搬送費用全額補償、距離制限なし
修理後車両引取り費用片道1名分の交通費全額補償片道1名分の交通費
5万円まで補償
宿泊費用搭乗者全員分全額補償(1泊分)搭乗者全員分全額補償(1泊分) ✖
帰宅費用搭乗者全員分全額補償搭乗者全員分全額補償
キャンセル費用1回につき、総額5万円まで補償
バッテリー上がり1回無料1回無料1回無料
ガス欠
10ℓまで無料

2年目以降は10L無料

2年目以降は10L無料

チューリッヒ

  • レッカー移動 100kmまで無料
    自分が指定した修理工場等へレッカー車で移動
  • ピックアップサポート
    修理後の車両を自宅まで搬送する費用を全額支払い。距離に制限はありません
    自身で引取りの場合は、修理工場までの片道1名分の交通費を全額補償
  • 帰宅費用サポート
    事故・トラブルの現場から自宅までの交通費を全額支払い
  • ホテル代サポート
    故障・事故などで、帰宅が困難になった場合の宿泊費用を全額支払い
  • キャンセル費用サポート
    バイクの事故や故障によって生じたキャンセル費用(宿泊費、旅行費等)を支払い
  • カートラブルクイックサービス
    ガス欠、バッテリー上りの立ち往生に駆けつけて対応
    保険期間中1回のみ無料

アクサダイレクト

  • レッカー移動 50kmまで無料
    ロードサービスセンターが指定する最寄りの修理工場までは距離の制限なく無料
  • カートラブルクイックサービス
    ガス欠、バッテリー上りの立ち往生に駆けつけて対応
    保険期間中1回のみ無料
  • 帰宅費用サポート
    事故・トラブルの現場からご自宅までの交通費を全額支払い
  • ホテル代サポート
    故障・事故などで、ご帰宅が困難になった場合の宿泊費用を全額支払い
  • 2年目以降
    ガス欠時の燃料10Lサービス
    自宅玄関のカギをなくしてしまった場合に、カギの専門業者を手配し緊急開錠
    ともに保険期間中1回のみ無料
  • 修理後車両引取り費用サービス
    修理完了後のバイクを引取りに行く交通費を50,000円まで 補償

三井ダイレクト

  • レッカー移動 50kmまで無料
    ロードサービスセンターが指定する最寄りの修理工場までは距離の制限なく無料
  • カートラブルクイックサービス
  • ガス欠、バッテリー上りの立ち往生に駆けつけて対応
    バッテリー上りは 保険期間中1回のみ無料
  • 2年目以降は
    ガス欠時の燃料10Lサービス
    保険期間中1回のみ無料
バイク保険の価格・ロードサービス比較 

バイク保険の価格・ロードサービス比較 まとめ

バイク保険は、毎年見直した方がいい

去年の最安は今年の最安とは限らないからです。

信頼できる一括見積は、「保険の窓口インズウェブ
 東証1部上場のSBIホールディングス株式会社が運営している
 プライバシーマークの認定業者でもある

一括見積は15分程度の入力のみ

しつこい営業メール・電話は一切なし

タイミングがあえばキャンペーンプレゼントもアリ

任意保険の保険料は会社毎に意外と差が有ります


⇒ 保険の窓口インズウェブ

一括見積というと、しつこい勧誘のイメージがありますが、 「保険の窓口インズウェブ」 はその心配がありません。

一括見積サイトを利用して、楽にお得な保険を見つけよう。

今年と同じでいいや!

そんな思考停止は損しか有りません。


併せて読みたい
バイクがアウトローになった日【いつまで不良のイメージを続ける?】
バイク保険の安さ比較!チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクト
バイクの盗難保険を比較したら、おすすめはZuttoRideClubだった
バイクウエアがダサいのは、中身の問題!【2ヶ月で体形は変えられる】

タイトルとURLをコピーしました