PR

バートルのバイクに使える作業服15選!【ワークマンだけじゃない】

バートルの作業服はバイクに使えるのか アパレル

BURTLE(バートル)を知ってますか?

バイクジャケットとして使えるデザイン・機能を持った『作業服』です。

見逃すのは、勿体ない!

BURTLE(バートル)って何?


どんなウエアがあるの?

そんな疑問を解消します。

バートルの特徴は、低価格なのにカッコイイ

  1. BURTLE(バートル)って何?
    ⇒1958年の設立の日本の服飾メーカ
  2. 夏におすすめのBURTLE(バートル)
     ⇒ 空調服は、バイクに使える
  3. 春夏におすすめのBURTLE(バートル)
     ⇒ 春夏ウエアも、バイクに使える
  4. 冬におすすめのBURTLE(バートル)
     ⇒ 防寒服も、バイクに使える


こんな内容を知って、スッキリしよう。


BURTLE(バートル)にはブレイク前夜のワークマンと同じ匂いがします。

ワークマンは、まずバイク乗りがその高機能で安価な『作業服』に目を付けました。

そして、口コミで一気に広がった。


BURTLE(バートル)には、同じように高機能で安価なウエアが豊富。

ワークマンも良いけど、バートルもね!


BURTLE(バートル)って何?

BURTLE(バートル)って何?
photo by BURTLE


バートルは、1958年設立の衣料用繊維製品を扱う会社。

広島県に本社をもつ、日本の歴史あるワークウエアメーカです。

だけど、ただの作業服メーカじゃない。




BURTLE(バートル)は、1958年広島に設立された「クロカメ被服」が発祥。

2011年に、黒亀(クロカメ)⇒ BLACK+TURTLEから、「バートル(BURTLE)」に社名変更されました。

  • 資本金:1千万円
  • 従業員:90名
  • 主な事業:衣料用繊維製品の企画・製造・販売


縫製業が盛んな広島において、ワークウエアの製造・販売で長い実績のある会社です。


社名変更を期に、カッコいいを目指す

社名変更を期に、カッコいいを目指す

バートルという名の下で、“カッコイイ”というモノづくりビジョンを掲げ、ワークウェアの新たなスタンダード創造に取り組んでいます。

by バートル

従来の作業服だけでなく、カッコいい作業服を発信するようになりました。


機能性・耐久性のある作業服に、カッコいいが加わったウエアを展開しています。

作業服の機能は、バイク用途に転用できるのは、ワークマンで実証済み。



バイクに使わないのは勿体ない!



ワークマンで良いのでは?

ワークマンで良いのでは?
photo by WORKMAN

ワークマンを通販で買うのは至難です

ワークマンのオンラインショップは、売り切ればかり

実店舗を何軒も回って探さないといけない

通販サイトで気軽に手に入れたいけれど、ワークマンは自社のオンラインサイトでしか買えません。

しかし、ワークマンのオンラインサイトはシーズンに入ったら既に完売のアイテムばかり。

売り切れるのが速すぎ!


オンラインショップに割り当てられる在庫がかなり少ないと思われます。

実店舗には在庫があるアイテムも、オンラインショップではまず買えません。

実店舗を何軒も回って・回って・回って、在庫を探す手間が大変。

バートル(BURTLE)は、Amazonをはじめとする通販サイトで容易に買えるので

実店舗を探し回る手間が無い


なぜ、ワークマンのオンラインショップは売り切ればかりなのか?

なぜ、ワークマンのオンラインショップは売り切ればかりなのか?

ワークマンの実店舗がフランチャイズ展開のためだと思われます。

ワークマン本体がやっているオンラインショップが賑わうと、フランチャイズの実店舗の売り上げが減ってしまう。

結果、フランチャイズ実店舗が赤字になってしまう。


実店舗が成り立たなくなるのを防ぐため、オンラインでの販売を押さえていると思われます。





BURTLE(バートル)のバイクに使える空調服

BURTLE(バートル)のバイクに使える空調服

ウエアにファンが仕込まれた空調服は、あっという間に市民権を得ました。

夏の屋外作業には、もはや不可欠。


しかし従来の空調服は、写真のように決してカッコいいものでありませんでした。

しかし、バートルはここに『カッコいい』を付加することに成功しました。

カッコいいバートルの空調服は、もはや定番アイテム!

  • プロが屋外作業で使用するに堪える機能性
  • ファッションとして使用可能なスタイリッシュな外観

二兎を得てしまったのがバートルです。



その機能はバイクにも生かせる。



バートルの春夏アイテムのおすすめを紹介します。

この他にも膨大なアイテムがあるので、チェック必須。


⇒ Amazon公式 バートル春夏アイテム


バートル エアークラフトタクティカルブルゾン AC1151

バートル空調服の定番。

  • アルミコーティング加工によりUVカット・遮熱効果
  • 綿素材のような感触なのに軽量で耐久性に優れた特殊なハイテク繊維を使用
  • 保冷剤を収納可能
  • フードは着脱可能



夏にバイクで走るのは、爽快に見える。

けど、実際はプロテクタが風を通さず灼熱でグタグタです。


だから空調服の強制換気はバイクでも有効に使える。



バッテリー・ファン

バッテリー・ファン


新型バッテリー・ファンが19V対応にバージョンアップされ、異次元の涼しさとなりました。

従来のファンとは互換性はありません。

ファンとバッテリーをセットで19V対応品にする必要があります。



従来の13V品と比べるのは酷ですね。



保冷剤

保冷剤

空冷では間に合わない真夏日には保冷剤。


背中に保冷剤を収納可能なウエアもあるけど、専用のフリーザーベストがあると使いまわしが効きます。

保冷剤単品を買うよりおすすめ。




バートル エアークラフト ブルゾン AC2001

バートルの最新空調服がAC2001。

  • 伸縮性のあるコーデュラナイロン使用
  • UVカット
  • 保冷剤を収納可能

一般的に化繊ウエアは、安価なポリエステル製が多い。

しかし、このAC2001は摩擦に強く耐久性があるナイロン『コーデュラ』を使用してます。

だから軽量でも破れにくくて堅牢。

一方、オレンジのアクセントが効果的な外観は、バイクウエアとみても違和感がない。



空調服のラインナップは豊富


空調服とは思えないカッコいいウエアがたくさんあります。


あなたはどれにする?


空調服について、もっと




BURTLE(バートル)のバイクに使える春夏作業服

BURTLE(バートル)のバイクに使える春夏作業服

空調服以外にも、春夏アイテムのラインナップが豊富です。

  • 綿の素材感を生かしたウエア
  • ハイテク生地を生かしたウエア


どちらを選びますか?


バートル ジャケット 1511

ヘリボーン柄が効いているジャケット。

遠目には無地だけど、光の加減でさりげないストライプが浮かび上がるのが特徴です。


  • 胴脇がメッシュ素材
  • 胴アジャスター

機能にも抜かりはないけれど、ヘルボーン柄がとにかくカッコいい!


バートル シャケット 7041

規則正しい細かい模様のあるドビークロス生地を採用。

凸凹があるので肌にまとわりつかないので着心地が良いウエアです。

細身のシルエットなので、風にバタつくことも無い。


優れた通気性と肌触りのよい綿ライクな風合いはハマる。

赤ファスナーのワンポイントも効いてますね。



バートル カーゴパンツ 5512

綿100%のカーゴパンツ。


ハイテク化繊が全盛だけど、この綿100%パンツが1番人気です。


洗い加工してあるのでビンテージ感があり、バイクウエアとして違和感などみじんもない。

綿なので洗うことで縮んでしまわないか気になるけど、洗い加工済みが効いている。

縮む心配はない。


バートル カーゴパンツ 7042

薄くて通気性が良いカーゴパンツ。


吸汗速乾性で伸縮性もある『ストレッチドビークロス』素材を使用。

そのため、ライディングフォームでも、突っ張らず・ベタつかず。


また、薄くても耐久性がある生地なので心配は要らない。

シルバー・インディゴ・カーキ・ネイビーなど色の展開も多いので、好みが見つかるはず。


メッシュジャケットなら、ココ




BURTLE(バートル)のバイクに使える防寒作業服

BURTLE(バートル)のバイクに使える防寒作業服

バートルの主戦場は、現場作業のプロの要求に答えるウエア。

だから空調服と同様に、防寒服も負けられない市場です。


  • 暖かくて
  • 低価格で
  • カッコいい

3拍子揃った防寒ウエアが揃ってます。


バートルの防寒アイテムのおすすめを紹介します。

この他にも膨大なアイテムがあるので、チェック必須。


⇒ Amazon公式 バートル防寒アイテム



バートル 防寒ジャケット 7610

バートル 防寒ジャケット 7610

バートルの透湿防水な防寒ジャケット。

この価格で、これ1枚で真冬でも暖かいとの口コミ評判が多数。


  • 耐水圧10,000mm
  • 透湿性8,000g/m2/24hrs
  • 生地の縫い目にはシムテープで染み込み防止済み
  • アルミフィルムラミネート加工の裏地により断熱


防水対策も完璧なので、冬の雨という最悪の条件でもバイクへの集中力を維持できます。

そして、このスペックでこの値段。

カラーリングも豊富なので、選ばない理由を探すのが難しい。


バートル 防水防寒パンツ 7612

バートル 防寒ジャケット 7610に対応するパンツが7612。


機能は統一してるので、上下で着用するのがおすすめ。




バートル サーモクラフト 防寒ジャケット 5270

バートル サーモクラフト 防寒ジャケット 5270

両肩と背中に生地の切り替えがあり、

アウトドアブランドのウエアと言われても、何の違和感もない防寒ジャケットです。


暴風・保温への配慮が多い

  • フロントダブルジッパー
  • 襟マイクロフリース
  • 裏地にアルミフィルムラミネート
  • ウエストドローコード




発熱パッド装着可能

発熱パッド装着可能

これだけでも暖かいけれど、バッテリーによる発熱パッドを装着するポケットが付いてます。

厳寒でも発熱パッドを装着すれば、ヌクヌク!

  • 設定温度
    17V:56℃、12V:50℃、9V:42℃、6V:35℃
  • 連続稼働時間(フル充電時)
    • 17V:1時間+12V(3時間)
    • 12V:4.5時間
    • 9V:8時間
    • 6V:15時間



発熱パッドを装着可能なのは、鬼にマシンガン。




バートル 防寒ブルゾン 7210

バートル 防寒ブルゾン 7210
バートル 防寒ブルゾン 7210
バートル(BURTLE) ワークボックス
¥6,659(2024/03/01 09:12時点)

『サーモトロン ラジポカ』というハイテク素材を使った防寒ウエア。

太陽光を吸収・熱変換し、同時にその熱で遠赤外線放射機能剤を積極的にあたためます。


さらに

  • 軽量・暴風・保温性に優れたマイクロドットシェル素材を使用
  • 裏地に静電気防止素材「メガーナ」を採用


理解しようとしても不可能なので、とにかくハイテクなすごい素材を惜しみなく使用してる、でOK。



全体のシルエットは、他のウエアに比べるとオーソドックス。

『カッコいい』、とは少し違うけれど嫌味の無いシルエットは万人受けします。


バートル 防水防寒パンツ 7212

7210を使うなら、併せてパンツも揃えたい。


2つ同時購入しても、財布に優しい。



バートルのバイクに使える作業服15選! まとめ

バートルのバイクに使える作業服15選! まとめ

低価格で高機能な作業服からスタートしたのが、ワークマン。

だけど、それはバートルも同じ。

ワークマンも良いウエアだけど、見渡せばバートルが目に入るはずです。


⇒ Amazon公式 バートル春夏アイテム


⇒ Amazon公式 バートル防寒アイテム



プロに愛用される高機能ウエアに『カッコいい』を付加価値として提案したバートル。

試してみませんか?


併せて読みたい





タイトルとURLをコピーしました