125ccバイクなら自賠責だけで大丈夫?【ファミリー特約・任意保険】

125ccは被害者バイク保険

通勤通学や街乗りで使われることが多い125ccバイク。

バイク保険に入ってますか?

事故っても被害者にしか成らないので、

バイク保険は要らないでしょ

ツーリングには、大型バイクがある

125ccは、街乗りだけ!

安全運転には気をつけてるから、大丈夫


でも、チョット気にはなってるよね?

そんな引っ掛かりを解消します。

  • 125ccは被害者にしか成らない、なんて有り得ない
  • 事故になると、自賠責だけでは全然足りない
  • ファミリーバイク特約とバイク保険の比較

こんな内容を知って、現実を知ろう。

バイク保険なしでは、1ミリも走れない気分にしなるに違いない。

125ccは被害者にしかならないなんて、あり得ない

125ccは被害者にしかならないなんて、あり得ない

止まってるバイクに車がぶつかってこない限り、

バイクの過失0%なんてあり得ません

125ccも同じです。

被害者にしかならないなんて都市伝説も良いところ。

人が飛び出してきた

人が飛び出してきた

人が飛び出して来ても、前方不注意

直進道路を気持ちよく走っていたら、人が飛び出して来て接触した


バイクが80%の過失割合です

 いつ、どんなタイミングで飛び出してきても、止まれますか?

黄色で右折し始めた車

黄色で右折し始めた車

右折する車と、直進バイクの接触事故

バイクは小さいから遠くにいると思い込んで右折を始める車

車が悪いと思ってませんか?

右折待ちをしていた車が、信号が黄色になったので右折し始めたところ直進バイクと接触した


バイクが60%の過失割合です

 黄色になったら、急いで渡ろうと加速してませんか?

自賠責があるから大丈夫なんて、あり得ない

自賠責があるから大丈夫なんて、あり得ない

自賠責保険の補償額は、死亡で3,000万円、後遺症で最高4,000万円です。

  • 傷害 120万円
  • 後遺障害 最高4,000万円
  • 死亡 3,000万円

自分の補償は0円です。

自分のケガはどうでも良いとしても、相手はこの金額で足りると思いますか?

人身事故の賠償金額

例え過失割合が50%だとしても

億を超える金額になります

自力で払えますか?

自賠責の補償範囲は、

  • 死亡事故で3,000万円
  • 後遺症事故で、4,000万円

実際の事故での賠償額は最高で5億円を超える。

3億件を超える判決も普通にあります。

バイクの過失割合が50%だとしても、1億5千万円。

自賠責は3千万円しか補償しない。

残り1億2千万円。

残りは自分で用意しなくてはならない。

損害額(万円)態様発生日被害者年齢被害者職業
52,853死亡2009/1241歳男開業医
45,381後遺2009/130歳男公務員
37,370後遺2010/7 7歳男小学生
35,929後遺2010/714歳女中学生

損害保険料率算出機構を引用

物損事故の賠償金額

物損事故の賠償金額

自賠責は、物損を補償しない

物損事故の賠償判決の例は最高で2.6億円で1億円以上の判決も普通にあります。

物損は自賠責では1円も補償してくれません。

自力で払えますか?

損害額(万円)発生日被害物件
26,1351895/5呉服・洋服・毛皮
13,4501991/2店舗(パチンコ店)
12,0361975/3電車・線路・家屋
11,7892007/4トレーラー

損害保険料率算出機構を引用

125ccの任意保険の種類

125ccの任意保険の種類

自賠責だけでは全然足りていません

そこで、任意保険で不足分をカバーしようとすると、2つの方法があります。

  • 車の保険のファミリーバイク特約
  • バイク保険

車の保険のファミリーバイク特約

家に任意保険に入っている車があるのなら、ファミリーバイク特約を付加する方法があるます。

ファミリーバイク特約には、2種類あります。

  • 自損事故タイプ
  • 人身傷害タイプ

人身傷害タイプは、車に人身傷害が設定してある場合にのみ選択することが出来ます。

人身傷害タイプの方が補償は厚いが、その分保険料は高くなります。

 

 自損事故タイプ人身傷害タイプ
自損事故の場合自分のケガを補償自分のケガを補償
相手のいる事故の場合対象外自分のケガを補償

メリット

  • 車の保険の年齢条件に関わらず、全年齢の家族が補償される
  • 125cc以下なら何台でも補償される
  • 一人暮らしをしている未婚の子供が乗るバイクも補償される
  • ノーカウントなので、何回使っても車の等級に影響しない

デメリット

  • 何年継続しても、保険料は割引されない
  • ロードサービスが使えない
  • 125ccまでしか補償しない

バイク保険

バイク保険

バイク単独で任意保険に加入するタイプです。

車の任意保険とは無関係なので、バイクに必要な補償金額を自由に設定できます。

最近は、充実したロードサービスを売りにしている任意保険もあります。

125ccでツーリングする人は、保険料だけでなくロードサービス内容も比較して選ぶ必要があります。

こちらでロードサービスの比較も行ってます。

メリット

  • ロードサービスが使える
  • 補償を自由に決められる
  • 無事故なら、等級が上がり保険料が安くなっていく
  • 125cc以上に乗り換えられる

デメリット

  • 年齢が若いと、保険料が高い
  • 等級が進まない間は、保険料が高い
  • 事故を起こすと等級が下がる

ファミリーバイク特約とバイク保険 どっち

ファミリーバイク特約とバイク保険 どっち
  • 数年しかバイクに乗らないのなら、ファミリーバイク特約が得
  • 趣味として長くのるなら、バイク保険が得
    継続割引や125cc以上にも出来る
  • ツーリングするつもりなら、ロードサービスのあるバイク保険

補償内容が同程度の場合、年齢や等級が低いとファミリーバイク特約の方が安くなる傾向にあります。

しかし、バイク保険を無事故で継続していくバイク保険の方が安くなります。

ファミリーバイク特約自損事故タイプ:1万円前後
人身傷害タイプ:2万円前後
任意保険1万円~3万円前後

任意保険料は年齢・地域・保険会社によって変わります。

各保険会社に同じ内容を入力するのはダルイので一括無料見積もりが便利

一度の入力で主要バイク保険会社から最大5社の保険料を得られます。

保険の窓口インズウェブ

もちろん無料だし、その後のしつこい勧誘も全くありません。

実際に一括見積を体験してみたよ!

その経緯はここ

125ccバイクなら自賠責だけで大丈夫?まとめ

125ccは被害者にしかならないというのは幻想です。

125ccでも自賠責だけでは全然足りません。

万一の時に何億もポンッと払える人以外は、任意保険が必須です。

ファミリーバイク特約とバイク任意保険の選択は悩ましい。

  • 街乗り限定で数年しか乗らないと決まってるのであればファミリー
  • そうでないならバイク保険

ビッグバイクに乗りたくなる日はきっと来る。

ツーリングするなら、ロードサービスのあるバイク保険で決まり。


保険料の差は年齢・地域・保険会社で結構変わります。

無料一括見積で実際に比べるのが、早くて確実

保険の窓口インズウェブ


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました