片岡義男(著)『幸せは白いTシャツ』でHANES赤パックに替えた

バイク用品
photo by 幸せは白いTシャツ

『彼のオートバイ、彼女の島』で初めて片岡義男さんを知りました。

その後、片岡義男さんの本を読み漁りました。

その時に読んで、今でも強く印象に残っている本の1つが『幸せは白いTシャツ』です。

私はこの本で、母が買うグンゼの下着を止めてHANESの赤パックに替えました。

20年経っても、変わってません。

スポンサーリンク

『幸せは白いTシャツ 』 との出会い

ダイアナ妃の結婚で始まり昭和天皇と共に去った1980年代、私はまだ子供でした。

1982年の『幸せは白いTシャツ』もリアルタイムでは知りません。

『彼のオートバイ、彼女の島』で初めて片岡義男さんを知り、淡々と情景を積み重ねる独特の言い回しにやられました。

ハードボイルドと言えばチャンドラーしか知らなかった田舎者には、片岡さんの乾いた客観的な描写は新鮮で都会的で、こんなハードボイルドは初めてでした。本当に貪るように読み漁りました。

印象深い本が沢山ある中でも『幸せは白いTシャツ』は今も思いが強く残っています。

若い女性がバイクで年単位の一人旅

片岡義男さんとしては珍しく、若い女性がバイクで一人旅をするロードムービーです。

取り立てて事件が起きるわけでもなく、淡々と旅が進み、淡々と情景が積み重なります。

女性のバイク1人旅、その情景がもう田舎者を掴んで放しません。

本の中には、バイクで走る女性の写真が挿入されてます。

後から知ったのですが、実際に日本一周されレースでも活躍されている三好礼子さんです。

この三好礼子さんがまた綺麗で

自分もバイクで1人旅をすれば、こんな人と知り合えるかもしれない、キット知り合える。

いや、自分の住んでいるこの田舎に日本一周中の彼女が立ち寄り、出会うという事も有り得る。

そんな妄想が広がるのです。

白いTシャツ

ふりかえるほどの過去もありませんし、あてにする将来も、いまのところないのです。私の手もとには、現在だけがあるのです。そして、その現在は、とても素敵です

こんなセリフをサラリと言う彼女に白いTシャツが似合います。

飾らない、卑下しない、ありのままの自分を表現できる人に憧れます。

スポンサーリンク

Hanesの赤ラベル

そんな時は、まず形から入るのが約束です。

形から入れば、精神は後から付いてきます

何の疑いも無く着ていた母が買ってくるグンゼを止めました。自分でHANES赤パックを買って着ました。

ジーンズにHANESは自由の象徴です。HANESの白いTシャツはありのままの自分です。白いTシャツで過ごす事は自分と向き合う事です。

形から入れば、精神は後から付いてきます。

1回洗うとクシャクシャになるのに最初は戸惑いましたが、今ではそうでないとダメです。

20年着ていると、時代と共に生地が薄くなったら厚くなったり、洗ったときの縮み幅が変わったり。色々あるけれどそれさえ愛おしい。もう変える気も無い

途中で青ラベルに浮気したこともあるけれど、やはり綿100%の赤ラベルに帰ってきます。

  • 袖をまくってカッコつけてたのは、恥ずかしい
  • タンクローリーの後ろに着くと高揚するのは、変わらない

Tシャツでバイクに乗るのは勧められないけれど、 Tシャツとジリジリと焼かれる腕の感覚は忘れられない記憶です。Tシャツの日焼け跡は今でも残ったままです。

『幸せは白いTシャツ』でHANES赤パックに替えた まとめ

銃や暴力が無くてもハードボイルドが成立する事を教えてくれたのは、片岡義男さんです。

登場人物は誰もが飾らず自由です。白いTシャツが似合います。

いつか、自分もそんな自然体に生きる事が出来るようになるのだろうかと思わずにはいられません。

形から入って20年、少しは中身も付いてきただろうか

赤ラベルではしゃいでた頃のバイクはもう無いけれど、ロングツーリングに出掛けて試してみたい。

バイク用品 書籍
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました