トライクはヘルメット不要なバイク!i-Road・トリシティとの比較

PCXトライクバイク知識
photo by 88factory

アウトローなイメージのあったトライクが見直されて来てます。

  • 普通自動車免許で運転出来る手軽さ
  • バイク並みの税金の安さ

似て非なるものとして、3輪バイクのヤマハのトリシティ、NIKENがあります。

トライクは、バイクなの、車なの?

 

トライクとトリシティは、何が違うの?

 

そんな疑問を解消します。

  • 3輪自動車
  • トライク
  • 3輪バイク

この3つは、似て非なるものです

トライクは、3輪自動車と3輪バイクの中間にあり、美味しいどこ取り?

  • 道路交通法では、自動車 ⇒ ヘルメット不要
  • 道路運送車両法では、自動二輪 ⇒ バイクと同じ税金

こんな内容を知って、スッキリしよう。

トライクが、3輪自動車と3輪バイクの美味しいとこ取りなのか?

それとも、 3輪自動車と3輪バイクの両方の欠点を兼ね備えてるのか?

見方によって、評価は分かれます。

3輪自動車・3輪バイク・トライクの違いは、なに?トライクの立ち位置

i-Road・PCX150トライク・トリシティ155の比較
photo by 88factory

トライクの定義

  1. バーハンドル・またがって乗る・ドアのない三輪乗用自動車
  2. 車輪の幅が460mm以上
  3. 傾いて旋回しない
  • 1に該当しないと軽自動車(3輪自動車)です
  • 2,3に該当しないと、自動二輪です
  • 全て該当すると、トライクです

i-Road・PCX150トライク・トリシティ155の比較

 i-RoadPCX150トライクトリシティ155
道路交通法普通自動車普通自動車普通自動二輪車
道路運送車両法軽乗用車軽二輪軽二輪
免許証普通自動車普通自動車自動二輪
維持費(税)軽乗用車軽二輪軽二輪
車検必要不要不要
高速最高速度80km/h80km/h100km/h
ヘルメット不要不要必要
旋回方法ステアリングバーハンドル傾く
立ちごけしないしないする
ドア(有り)無し無し
乗車方法すわるまたがるまたがる

※警視庁「三輪の自動車(三輪バイク)の区分の見直しについて
※自動車検査登録情報協会「自動車の種類

i-Road・PCX150トライク・トリシティ155の3車は、似て非なるものです。

トヨタ i-Road(3輪自動車)

i-Road
photo by TOYOTA

トヨタが次世代の都市型パーソナルモビリティとして開発を進めてます
未発売

PCX-トライク (トライク)

PCX150トライク
photo by 88factory



大阪のトライクとバギーの専門ショップによるPCX150のトライクです
税込み ¥713,900 

YAMAHA トリシティ (3輪バイク)

トリシティ155
photo by Yamaha


2輪に比べ、安定感がありリラックスできる3輪
傾いて旋回するのでバイクらしい挙動
税込み ¥484,000

3輪バイク

トリシティやトライクを「3輪バイク」 と呼ぶのを見かけますが、違和感があります。

バイク=BICYCLE(バイスクル) =2つの車輪(バイなサイクル)。

3輪バイク=3つの2つの車輪 になるので何か変です。

トライクのメリット・デメリット

トライクのメリット・デメリット

トライクは、自動車とバイクの中間の乗り物。

使い方によって、評価が分かれます。

  • メリットが光るか
  • デメリットが鼻につくか

トライク 4つのメリット

トライク 4つのメリット

トライクのメリットは4つ

  1. ヘルメット不要
  2. 自立する
  3. 車検・税金はバイク扱い
  4. 免許は車扱い

法的には車とバイクの良いとこどりなのがメリットです。

1.ヘルメット不要

トライクのメリットの筆頭は、やはりヘルメットが不要なこと。

オープンカーとは比べ物にならない開放感でありながら、ヘルメットが要らない。

これ以上の開放感はありません

2.自立する

停車時に自立するので、立ちゴケの心配が有りません

低速走行時でもふら付きません。バイクのようにバランスを取る必要が無いのです。

3.車検・税金はバイク扱い

PCX150のようにベースのバイクが250cc以下で車検不要なら、トライク化しても車検不要です。

また、維持費(自動車税・重量税)も250cc以下のバイクと同じです。

4.免許は車扱い

トライクに乗るのに2輪免許は不要です。普通自動車免許で乗れます

わざわざ、バイクの免許を取る必要が無い。

車扱いなので、50ccトライクでも2人乗りや高速道路走行がができる。

もちろん、高速の最低速度が出せないとマズいけどね!

トライク 4つのデメリット

トライク 4つのデメリット

トライクのデメリットは、4つ

  1. 走行安定性が低い
  2. ハンドルでしか曲がれない
  3. 車両価格が高い
  4. 体がむき出し

1.走行安全性が低い

トライクで曲がる時は、十分減速する必要があります

急ハンドル、急ブレーキは、バイク以上に危険です

前輪の負荷が大きく、限界を超えやすいのがデメリットです。

旋回するときに、2輪バイクは車体を傾けて遠心力とつりあいます。

しかし、トライクは傾かないので、前輪の負荷が高くなるのです。

旋回中にブレーキを掛けると、限界を超えて巻き込むように横転します。

2.ハンドルでしか曲がれない

バイクに慣れていると、操作を間違えて危険なこともあります。

トライクはハンドルを切って曲がります。

バイクのように体重移動しても曲がりません。

とっさの時にバイクの感覚でリーンしても曲がらず突っ込みます

3.車両価格が高い

トライクは市販バイクのカスタムですので、手作りに近い製品です。

車両価格の高くなるのは仕方なく、量産品とは比べられません。

4.体がむき出し

  • 事故に遭うと吹っ飛びます
  • 飛び石や虫アタックは直撃します

ヘルメット・プロテクタはバイク同様な装備をすすめます

法的にはヘルメット不要だけど、バイクとおなじく体がむき出しです。

シートベルトも無い。

どう乗るかは、あなたしだい。

PCXトライクの買い方

PCX150トライクの買い方
photo by 88factory

PCXのトライクはPCXのカスタム製品です。

ショップが少量生産しているか、受注生産です。

馴染みのショップに相談してみるのもいい。


トライク化せず、屋根だけ付ける手もある

トライクはヘルメット不要なバイク まとめ

トライクはヘルメット不要なバイク まとめ

トライクは法が想定していなかった車両形状なので、法のスキマで良いとこ取りになってます

逆に、雨に濡れる・すり抜け出来ない、と車とバイクの悪いとこ取りの面もあります。


将来的に、トライクが都市部のモビリティとして脚光を浴びるのであれば

法整備され、立ち位置も変わると思われます


ヘルメットの義務化や、車両区分の変更が有るかもしれません。

トライクが美味しいうちに、味わってみるのもオモシロい。

併せて読みたい


尖ったバイクに乗り換えるなら、

バイクワン

・他社はマイナス査定するカスタムをプラス査定してくれる
・口コミでの評判が抜群にイイ
・オンライン自動査定で上限/平均買取価格がすぐわかる
・オンライン査定額から大幅減額しないことを明言
・業界No.3の地位を打破するため、高価買取中

バイク王

・業界No.1の200万台以上の買い取り実績
・No.1だからスケールメリットで高価買取が出来る
・TV CMでお馴染み

バイクランド

・業界第2位
・現金買取なので、急いで売りたいときは便利
・注力車種は査定額アップなので、車種によっては高く売れる

バイク館SOX

・累計の買取り台数 10万台
・買い取ったバイクは、全国のSOX販売店にて販売
・販売が一体なので、ムダが無く高価買取が出来る

タイトルとURLをコピーしました