まだ、バイクの防犯登録をしてるの?【目的は?義務なの?費用は?】

バイク防犯登録バイク知識

バイクの防犯登録をしてますか?

防犯登録されてるバイクには、防犯登録シールが貼られてます。

新車でバイクを買ったときには、最初から貼られてることが多い。

防犯登録は義務なの?


メリットは?


登録して無いとどうなるの?

そんな疑問を解消します。

防犯登録は任意で、強制力はありません

登録料1,100円必要で、メリットは4つ

  1. 検問・職務質問でバイクの所有者がわかる
  2. バイクが盗まれ難くなる
  3. 盗難バイクが発見されたとき、所有者がわかる
  4. グッドライダー宣言が出来る

どれも、怪しい

デメリットは、1つ

  1. 登録料1,100円の使い道が見えない

免許更新時の安全協会加入と同じ匂いがします

こんな内容を知って、スッキリしよう。

防犯登録の意味を知って、その上で価値があるか否かを判断して欲しい。

防犯登録制度に対して、悪意を持っている訳ではありません。

有効性を信じて、日々活動されている方もいらっしゃるかと思います。

その活動に賛同される方を引き止める気はありません。

バイクのグッドライダー・防犯登録ってなに?

バイクのグッドライダー・防犯登録制度とは

バイクにこのシールが貼ってありますか?

このシールが、防犯登録されている証です。

防犯登録料、期限

  • 防犯登録の期限は10年
  • 料金は、1,100円

登録すると、期限の10年間 警察庁全国オンライン網に所有者情報がアップされる。

防犯登録の目的

防犯登録すると、バイクにシールが張られ、ユーザーカードがもらえます。

ユーザーカードを持ってる人が、バイクの所有者として認められます。

  • 検問に逢ったとこい
  • 放置バイクが見つかったとき

ユーザーカードとバイクのシールを照合することで所有者認定される仕組みです。

自転車・バイクの防犯登録は、義務なのか?

photo by Motorcycle Promotion & Safety Association

自転車・バイクには、防犯登録制度あります。

車には、ありません。

自転車・バイクの防犯登録は、似て非なるものです。

  1. 自転車の防犯登録は義務
  2. バイクの防犯登録は任意

1.自転車の防犯登録は義務

photo by 愛知県自転車モーター商協同組合

自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という。)を受けなければならない。

自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律
自転車の防犯登録は義務

自転車は、法律で防犯登録が義務付けられてます。

自転車を防犯登録しないのは、法律違反です。

しかし、罰則は無い。


自転車はナンバープレートが無く、フレーム番号(車体の個体識別番号)も無かったりします。

そのため、個体識別が難しいので、防犯登録して個別の防犯登録ナンバーを貼るのに意味があります。



しかし、義務ではあるけれど、罰則はありません

防犯登録してなくても、捕まることはありません。


自転車に乗っていて職務質問されたときに、自転車所有者を調べるのにチョット時間が掛かるだけ。

警察官に『防犯登録しろ!』と、チョット脅されるだけです。

2.バイクの防犯登録は任意

バイクの防犯登録は任意
日本二輪車普及安全協会を引用

バイクには、排気量によらず法的に防犯登録の義務はありません

任意です。

当然、未加入の罰則もありません。

しかし、新車バイクを購入時に多くの人が防犯登録に加入してます。

あなたのバイクにも、防犯登録シールが貼られてませんか?

何か、防犯に役立つのだろう・・・・

多分、これくらいの認識のはず。

なぜ、防犯登録の加入率が高いのか

バイクの防犯登録は任意

バイクを購入する時に、

一連の売買契約書の流れで

防犯登録加入用紙が出てくるから

つい、記入してしまう

ショップ店員より、軽い説明は有るはずだけど

ニューバイクで舞い上がって、なんとなく加入してる人が多い。


免許更新時の『交通安全協会』加入と同じ手口です。

防犯登録に加入して当たり前』の雰囲気を醸し出してるので


あぶないあぶない!

登録料1,100円の価値

防犯登録に1,100円の価値があるか?

次のバイクを買う時は、メリットを吟味してから加入・不加入を決めたほうがいい。

価値があると思われたのなら、是非加入してください。


バイク泥棒の犯人が少年だと、救われない

バイクの防犯登録するメリット

バイクの防犯登録するメリット
日本二輪車普及安全協会を引用

まず、バイクを防犯登録すると何が起きるのかを知っておこう。

防犯登録すると、10年間 警察庁全国オンライン網に所有者情報がアップされます。

ナンバーを伝えれば、所有者が誰か直ぐに解るシステムです。

ただそれだけ。

システムと言うか、タダのデータベースですよね。

防犯登録した人のデータが載ってるだけ。

EXCELのマクロでも出来そう。

10年以上乗るなら、もう1度1,100円払って再登録する必要有るし

10年が来る前にバイクを売ったら、登録抹消しないといけない。

自賠責みたいに、引継ぎは出来ないのです。

  • 同じバイクを10年乗った人は、再登録してる?
  • バイクを売った人は、登録抹消依頼してる?

聞いたことが無い

それは置いておいたとして、


防犯登録のメリットとして良く言われるのはこの4つ

  1. 検問・職務質問でバイクの所有者がわかる
  2. バイクが盗まれ難くなる
  3. 盗難バイクが発見されたとき、所有者がわかる
  4. グッドライダー宣言が出来る

どれも怪しいメリットでしかない。

検問・職務質問でバイクの所有者がわかる

1.検問・職務質問でバイクの所有者がわかる

検問・職務質問でバイクの所有者がわかる

警察官にバイクの持ち主が本当にあなたか疑われたときに

防犯登録ナンバーの照会で所有者がわかります。

防犯登録されてないと、どうなるかと言うと

具体的には,二輪車ユーザーが二輪車販売店でグッドライダー・防犯登録に加入しますと,登録番号及び登録されたバイクに係るデータは警察庁に提供され,警察のコンピューターに防犯登録情報として登録されます。

バイクには登録番号が記載された登録ステッカーが貼られ,ユーザーカードが発行されます。これらにより,不審な車両が発見された場合には,現場警察官は,警察本部照会センターに照会していつでも瞬時に所有者確認が行えるため,盗難車等の早期発見が可能となります。

なお,照会は,登録ステッカーの番号のほか,車体番号(ナンバープレート),フレーム番号からもできるため,登録ステッカーが剥がされた場合や,ナンバープレートを外されてしまっても,照会することができます

広島県警察 公式サイトを引用

ナンバープレートや、フレーム番号でも照会可能だそうです


防犯登録の立場は?

バイクが盗まれ難くなる

2.バイクが盗まれ難くなる

バイクが盗まれ難くなる

車体の目につきやすい位置に防犯ステッカーを貼ることで盗難を防止します

熊本県警察 公式サイトを引用

防犯登録シールが貼ってあると、盗難が防止できるそうです。

  1. 防犯登録シールだ!
  2. 防犯意識が高い人のバイクだ
  3. 盗むと面倒そうだ
  4. 盗むのは止めよう

簡単に剥がせるシールに、ここまでの効果があると思いますか?


バイク置き場を見直した方が、効果的


3.盗難バイクが発見されたとき、所有者がわかる

盗難バイクが発見されたとき、所有者がわかる

盗難車の防犯登録シールの番号を警察のコンピューターに照会すれば、

本来の所有者がわかるのでバイクが返ってくるそうです。



バイクを盗んだ人は、防犯登録シールを剥がさないのでしょうか?

フレーム番号でも、所有者は解りますよね。

シールの意味は無さそうです。

盗難バイクが発見されたとき、所有者がわかる

4.グッドライダー宣言が出来る

グッドライダー宣言が出来る

『グッドライダー・防犯登録』がバイク防犯登録の正式名称です。

グッドライダーになることを宣言しないと、防犯登録できないのです

「交通ルールとマナーを守り、安全運転をします」

「車から離れるときはハンドルロックをして、キーを抜きます」

「保険(自賠責保険、任意保険)に加入します」

以上の3つをお約束していただくことです。

日本二輪車普及安全協会を引用

もちろん、宣言を守らなくても、何のお咎めも無い。

安全と防犯を無理やりくっつけた感がスゴイ。


防犯登録より効きます。


バイクの防犯登録するデメリット

バイクの防犯登録するデメリット

4つのメリットはどれも怪しい。

しかし、デメリットが無ければ、100歩譲って加入することもテーブルに上がる。

デメリットは、登録料1,100円の使い道が見えないことです。

  • 事務手数料はどれくらい?
  • 警察のコンピューターのサーバー代?
  • 日本二輪車普及安全協会の偉い人のボーナス?




10年間の防犯登録料が1,100円だから、110円/年。

目くじら立てる金額じゃない



そう考える人を、引き留める意図はありません

気持ち良く払ってお金を回してください

けれど、盗難保険を考えてみては?

バイク車両保険に1,100円を使うべき

バイク車両保険に1,100円を使うべき

防犯登録は、万一バイクが盗まれても何もしてくれません

もちろん補償なんて有りません。

例えば、悪ガキがバイクを盗んで乗り回し、

ボロボロになったバイクが河原で見つかったら

警察が、防犯登録ナンバーを照会して

所有者に電話するだけ。



防犯登録シールを剥がしてなければね

フレーム番号や、ナンバープレートでも代用できるけどね。

そんなものに1,100円払うくらいなら、

4,400円/年から始められる盗難保険に、その1,100円を投入した方が百万倍マシです。

加入者23万突破のバイク盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】



新車でも中古車でも、どこのメーカのバイクでも、いつからでも加入できます。

詳しくは、ココ


なぜ、バイクの防犯登録をしているの まとめ

なぜ、バイクの防犯登録をしているの まとめ

バイクの防犯登録は、任意です。

罰則もありません。

バイクは自転車と違い、ナンバープレートもフレーム番号もあります。

車と同じように、防犯登録しなくても個体を識別できます。


それに、登録料1,100円の使用用途が良くわからない。

加入者23万突破のバイク盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】

防犯登録に1,100円払うくらいなら、

4,400円/年から始められる盗難保険に回した方がマシ。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました