2020年NMAX155は2018年PCX150を超えたのか、比較のまとめ

PCX
スポンサーリンク

ヤマハNMAX155はモデルチェンジして2020年モデルに変わりました。

インドネシアでは既に販売が始まっています。日本モデルも近く変わる見込みです。

NMAX155は、2018年モデルのPCX150を超えたのでしょうか。

比較しました。

スポンサーリンク

2020 NMAX155と2018 PCX15 比較結果

2020年日本のNMAXはカラーの変更だけでインドネシアの新NMAXは来ない。

NMAXファンは残念だけれど、来年以降に期待するしかない。

以降は、モデルチェンジしたインドネシアのNMAXとPCXの比較です。

モデルチェンジしたインドネシアのNMAXの話

2019年までは、NMAX155とPCX150は棲み分けが出来ていました。

  • 燃費・快適装備で選べばPCX
  • 力強さ・ABSで選べばNMAX

2020年モデルでNMAX155はアイドルストップ・キーレスを手に入れてPCX150に追い付きました。

しかし、NMAXには、PCXに無い新しい提案が欲しかった

2020 NMAX155と2018 PCX15 比較詳細

PCXとNMAX主要諸元 の比較

詳細なデータは、末尾のappendixに挙げてます。

PCX有利

PCXは、燃費とタンク容量のアドバンテージを維持

  • PCXは、NMAXより0.9Lタンクが大きい
  • PCXは、燃費が良いので0.9Lと合わせて高速距離が長い
  • PCXは、14インチタイヤなので安定している。NMAXは13インチ
NMAX有利

NMAXは、快適装備で追いつきパワフルはそのまま

  • キーレス、アイドルストップ、アクセサリーソケットが付いた
  • NMAXは、PCXより最高出力が0.3kw高くなった
  • NMAXは、後輪もディスクブレーキでスポーティ
  • NMAXは、トラクションコントロールで雨スリップに強い

PCXとNMAX 装備の比較

NMAXは装備が追加されPCXと同等になりました。

さらにスマホとBluetooth接続 してバイクに電話やメッセージの通知が表示されます。

しかし、それほど役立つとは思えません

しかも、NAMXのアクセサリーソケットは相変わらずシガーソケットです。

そろそろUSBにして欲しいところです。

 PCXNMAX
シート下収納(L)28

先代の24Lから大きな違いは無さそう

フロントインナーボックス(ml)フタ付き
アクセサリーソケット付き

右側のみフタ有り
アクセサリーソケット付き

キーキーレスキーレス
アイドルストップ有り有り
スマートフォン連携無し

スマホとBluetooth接続

  • 電話とメッセージの通知
  • 燃費
  • 故障通知 など

PCXとNMAX 外観の比較

PCXは滑らかな曲線が多く、エレガントなイメージです。
NMAXは先代の直線基調から曲線が増えましたが力強いイメージは継続してます。

好き好きなので優劣は付けられませんが、PCXの方が派手なのは相変わらず。

PCXは、日本HONDAを引用
NMAXは、インドネシアHONDAを引用

PCXNMAX

ウインカーはLEDではなさそう

リア周りはLED化されました

アクセサリーソケットが付きました

キーレスが付きました

インドネシアのNMAX155カラー

  • マットカラーが3色 黒・青・赤
  • ツヤ有りが1色 白

アジアではマットカラーの人気が高いようで、NMAXに限らずPCXもマットカラー設定が多い。

インドネシアのNMAX155
マットレッド
インドネシアのNMAX155 2
マットブラック
インドネシアのNMAX155 3
マットブルー
インドネシアのNMAX155 4
グロッシーホワイト

2020年NMAX155は2018年PCX150を超えたのか まとめ

2020年モデルNMAX155は2018年PCX150に追いついきました

互角には成ったけれど、PCXを突き放すには至ってません。

せっかくスマホ Bluetooth接続をするのなら、

Android Auto」「Apple CarPlay」を見せて欲しかった

早くEV PCX 、EV NMAXが見たい。

2020年モデルNMAX155追加仕様はあるが、エンジンはチューニング変更のみ。

主な変化点:

  • キーレス
  • アイドルストップ
  • アクセサリーソケット
  • トラクションコントロール
  • ヘッドライト、テールの意匠変更
  • スマホとBluetooth接続

Appendix 1 主要諸元 の比較詳細 (PCX150とNMAX155)

2020年NMAX155の変化点が赤色です。

 ホンダ  PCX150ヤマハ  NMAX155
全長(mm)1,9251,935←1955
全幅(mm)745740
全高(mm)1,1051,160 ←1115
軸距(mm)1,3151,340 ←1350
最低地上高(mm)137124←135
シート高(mm)764765
車両重量(kg)131132←128
エンジン種類水冷4ストロークOHC単気筒水冷4ストロークSOHC4バルブ
可変バルブ
総排気量(cm³)149155
内径×行程(mm)57.3×57.958.0×58.7
圧縮比10.611.6←105
最高出力(kW[PS]/rpm)11[15]/8,50011.3/8,000←11/8,000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
14[1.4]/6,50013.9/650014/6,000
燃料タンク容量(L)8.07.16.6
前タイヤ100/80-14M/C 110/70-13M/C
後タイヤ120/70-14M/C 130/70-13M/C 
前ブレーキ形式油圧式ディスク油圧式ディスク(ABS)
後ブレーキ形式機械式
リーディング・トレーリング
油圧式ディスク
フロントサスペンション正立正立
リアサスペンション2本サスリザーバータンク付2本サス
フレーム形式ダブルクレードルバックボーン
トラクションコントロール無し有り

 

PCX バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました