各社のハイオクガソリンが混合して売られてるなんて!なんでもアリ

トリビア
スポンサーリンク

毎日新聞の記事によると、

ENEOS,コスモ石油など、石油元売り各社のハイオクガソリンは、

貯蔵タンクを他社と共同利用しているそうです。

各社もそれを認めた。

各社、オリジナルの製法で、しのぎを削っていたはずが、

実は同じ貯蔵タンクでごちゃ混ぜに混合されてたなんて、

それも20年も前から、当たり前のように

なにそれ?

きっと、中の人にとっては当たり前のことで

何を今さら何でしょうね!

普通の感覚では、あり得ない。

スポンサーリンク

各社ハイオクを混合する理由

ハイオクは、ガソリン流通の約10%。

石油元売り各社が、それぞれ貯蔵施設を自前で維持するのは、効率が悪い

共同で貯蔵施設を運営して、コストを抑えるのが目的。


それにしても、20年前に、

混ぜちゃえ!!

誰が言ったんでしょうね。

それがそのまま、通ってしまうのもすごい。

でも、そんなのは限定的な話とか、極小化していくんでしょうね。

大事なスポンサーだし。

ハイオクガソリンのインプレしてた人達

各社のハイオクガソリンを比較して、

  • このハイオクはパワーがある
  • ここのは洗浄能力が高く滑らかに回る
  • これは燃費もいい

なんて、ハイオクの比較インプレしてた人達は、今頃は涙目になってる?

各社の威信をかけて開発した、フラッグシップのブランド品のはずが

効率化のために、混ぜられて貯蔵なんて。

インプレした人は、はしごを外されて、さぞ理論武装に苦心してるでしょう。

ガンバレ!

スポンサーリンク

ハイオクを開発していた人たち

ハイオクガソリンを開発していた技術の人達は、このことをしってたのだろうか?


きっと、色んな配合を実験してデータを取ってたはず。

自分の時間を潰して、『カイシャノ、タメ』と呪文を唱えながら休日出勤してたかもしれない。

どうせブレンドされるから適当で良いや!

まさか、こんなことは思ってないはず。

自分の仕事に自信を持ってたはず。

ドライバーに、良いものを届けたいと思っていたはず。

なのに、ごちゃ混ぜなんて、悲しいですね。

他業種は、大丈夫なの?

こんな、何でもアリが明るみにでると、他の業界のことが気になります。

  • プレミアムビール
  • 高級ワイン
  • エンジンオイル

目隠しで出されたら、どれも違いが判らない気がする。

違いが分かる人には判るのかもしれないけれど

はしごを外されそうで、怖いね。

同じタンクで混合なんてあり? まとめ

コスト圧縮のために、各社のハイオクガソリンはごちゃ混ぜ。

同じ貯蔵タンクに入れられる。

経営的には正しいのかもしれないけれど、

ドライバー、開発者、両方の気持ちを考えると、

どうなの?

トリビア バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました