楽天モバイル 無料サポータープログラム当選!

トリビア
スポンサーリンク

楽天モバイルの無料サポータープログラムに当選しました。

2020年3月末まで、無料で電話・国際電話・データ通信し放題です。

当選メールの出だしがピンク色で、『ご当選おめでとうございます』ですので怪しさ満点でした。迷惑メールかと思いました。

応募者数が公表されていないので、どれほどの倍率だったか解りません。
私は名古屋在住なのですが、東京に比べ名古屋の応募者が少なく倍率が低かったのかもしれません。

とにかく、これからが楽しみです。
バイクに関係無い話ですが、面白い展開があればまた公開します。

スポンサーリンク

キャリアになるはずだった楽天モバイル

楽天モバイルは、2019年10月より 大手3キャリアdocomo・au・SoftBankに続く第4のキャリアとしてデビューする予定でした。

しかし、基地局の設置が遅れており10月には間に合いませんでした。行政から注意を受けた事もあり、5,000人限定のお試し期間をする事になりました。正式スタートの3月まで無料で使えます。

お試しなので、無料で通話もデータ通信もし放題です。逆に言えば、お試し期間なので通信障害とか有っても文句言わないでね、と言う事だと思われます。

格安SIMの楽天がキャリアになったわけ

楽天モバイルは、MVNO事業者(格安SIM事業者)として今までやってきました。

大手3キャリアは、基地局やデータセンターなどののインフラを自分で持っています。MVNO事業者は、自分でインフラを持っていません。3大キャリアから回線を買って、それを多くの人に売ります。大人数でシェアするため安く使えます。格安になります。しかし大人数でシェアするので通信は遅くなるデメリットも有ります。

楽天モバイルは、格安SIM事業者として25%のシェアです。
2位のUQ mobileの倍とぶっちぎりです。これだけシェアがあれば儲かってるはず。なんでキャリアに成ろうとしてるのでしょうか。

儲かるからです。
3大キャリアの四季報を見れば、その収益に笑えます
。インフラの初期投資には莫大な経費が掛かりますが、その後は莫大な利益が待ってます。

※楽天モバイルは格安SIMとして25%のシェア

MMD研究所公式を引用

格安SIMのシェアは13%しかありません。
以外と少ないので驚きです。

MMD研究所公式を引用

楽天モバイルの準備状況

2019年10月10日の、基地局準備状況です。
濃いピンクが楽天モバイルが自分で基地局を立てたエリア。
薄いピンクがAUの回線を貸してもらえるエリア。
両方併せても、都市部しカバーできておらずまだまだです。事業スタート出来ず、無料サポートの実験になるのもうなずけます。

まとめ

近々に、申し込み手続き案内が来るようです。
いきなり楽天に乗り換えるのは不安なので、現在の電話番号は動かさない予定です。新規で楽天モバイルに申し込んで、様子を見てから乗り換えるか否かを決めようと考えてます。

国際電話し放題と言われても、というのが正直なところです。国内だけで良いので1年間タダにしてくれないかな。SNSで済ますので、電話など最近使った事無いけれど。

1つ残念なのは、手持ちのスマホが使えない事です。楽天モバイルに対応したスマホを用意しないといけないようです。対応スマホにはappleは有りません。

どれにしようか、楽天のサイトを眺めてます。
1万円は楽天ポイントとして補助してくれるようです。

トリビア バイク知識
スポンサーリンク

Amazonで5,000円以上のギフト券を買うと、1,000ポイント貰えるキャンペーン中です。

5,000円で1,000円貰えるので大変お得です。
0.5~2.5%もポイントも付きます。
ギフト券の有効期限は10年なので、期限切れになる心配も有りません。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン ギフト券

突然キャンペーンは終わるので、終わってたらごめんなさい。

ごくうをフォローする
PCXでGO!
タイトルとURLをコピーしました