GB350は最後の空冷単気筒クランブラー?【価格・足つき・スペック】

GB350トリビア
photo by Honda Motor

インド ホンダの『H’ness CB350』が日本でも発売されます。

空冷単気筒350ccのバイクらしいバイク。

日本では『GB350』。

懐かしい、『GB』が復活します

ヤマハSR400、セロー、トリッカーが販売終了となりました。

もう空冷単気筒は終わったかとかと思っていたら、ホンダはやってくれました。

最後の空冷単気筒になるかもしれないGB350。

空冷フィンはいい!

目を三角にしなくても乗れる、こんなバイクを待ってた人は多いに違いない。

スポンサーリンク

日本正式発表のGB350、GB350S

日本正式発表のGB350、GB350S
photo by Honda Motor

2021.3.30に日本リリースが発表されました。

  • GB350 550,000円(税込み)
  • GB350S 594,000円(税込み)

事前予想通りの価格で、一安心ですね。

2車種の違いは、外装

左がベースモデルのCB350、右が豪華装備のCB350S。

海外でのH’ness CB350とCB350RSの関係そのままです。

ヘッドライトまわり

フォークブーツとヘッドライト外周の意匠が、スクランブラー風味。

日本正式発表のGB350、GB350S1
photo by Honda Motor

シート

GB350のブラウンも良いけど、レッドステッチと立っクロールのGB350Sも良い

日本正式発表のGB350、GB350S2

テール

どちらもテールランプとウインカーはLED。

トラディショナルか、コンパクトなシャープさか、

悩ましい

日本正式発表のGB350、GB350S3

ツートンカラーが無いのは残念

ツートンカラーが無いのは残念

日本ではツートンカラーが採用されなかった事だけが、残念。

今後のお楽しみでしょうか?

GB350

  • マットブルー
  • マットブラック
  • レッド

GB350S

  • マットグレー
  • ガンメタ

ツートンカラーが無いのは残念だけど、

空冷単気筒の味わいとともに、長く付き合えるバイクです

こんなバイクを待ってた人は多い

スポンサーリンク

GB350(H’ness CB350)の概要

GB350(H’ness CB350)の概要
インドホンダ公式を引用

空冷単気筒350cc

空冷単気筒こそ、『This is a motorcycle』

これ以上シンプルにしようが無いエンジンです。

飾らない、奢らない。

自然体でバイクを楽しめるに違いない。

GB350(H’ness CB350)のスペック・足つき

GB350(H’ness CB350)のスペック
インドホンダ公式を引用
サイズ2163×800×1107mm
シート高800mm
重量181kg
エンジン空冷単気筒350cc
最高出力15.5kW @ 5500 rpm
最大トルク30N-m @ 3000 rpm
ガソリンタンク容量15L
ボア×ストローク30N-m @ 3000 rpm
リアサスツインショック
タイヤ前:100/90-19 後:130/70-18
ともにチューブレス
ブレーキ前後ABS ディスク
トランスミッション5速

インドホンダ公式を引用 日本向けは変更になる可能性が有ります


スペックを張り合うバイクではありません。

そういうバイクが欲しいならこんなバイク。

  • 水冷2気筒400cc CBR400R 最高出力 34kW/9000rpm
  • 水冷4気筒400cc CB400SF 最高出力 41kW/11000rpm

田舎道をのんびり流して楽しいバイク、風景やエンジンの鼓動を楽しむバイクが欲しいなら

GB350は最適解ですね

シート高は800mmと低くは無いけれど、空冷単気筒のスリムなエンジンなので真っ直ぐ足が下せる。

だから2気筒・4気筒バイクよりは余程足つきがいい。

空冷単気筒についてはココ

GB350(H’ness CB350)の装備

GB350(H’ness CB350)の装備
インドホンダ公式を引用

見た目はクラシックだけど、装備は最新

  • LEDヘッドライト
  • アシストパークラッチ
  • ABS
  • トルコン

インドホンダ公式を引用 日本向けは変更になる可能性が有ります

LEDヘッドライト、ウインカー

LEDヘッドライト、ウインカー

メインシャフト同軸バランサー

メインシャフト同軸バランサー

過度な振動は抑えられる

アシストスリッパ―クラッチ

アシストスリッパ―クラッチ

急なエンジンブレーキが掛かってもスリップしないしクラッチが軽くなる

多機能メーター

多機能メーター

ギアポジション、トリップ、燃費、ガソリン残量の表示はもう当たり前。

アナログスピードメーターと、コンパクトに組み合わされていてイイ。

トルコン

トルコン

サイドスタンドインジケーター

サイドスタンドインジケーター

有りそうでなかったサイドスタンドが出てるか否かのインジケーター

  • エンジンが掛からないときに、気付く
  • 停車時、ちゃんと出てるか気付くので、立ちゴケしない

ホンダらいしい心配りですね

価格

インド国内では、185,000ルピー、日本円で27万円です。

日本導入価格は、倍の54万円前後になる見込み。

ヤマハのSR400が60万円なので、妥当な価格かと思われます。

CB350RSの日本導入は?

CB350RSの日本導入は?
インドホンダ公式を引用

インドでは、H’ness CB350の上位モデルとしてCB350RSがあります。

 H’ness CB350CB350RS
エンジン同一
ハイテク装備同一(トルコン・ABS・アシストパークラッチ)
タイヤ前:19inch 後:18inch前:19inch 後:17inch
外装ディテールアップ

基本スペックは同一で、リアタイヤ変更を含見た目の違いがメインです。

クラシックな雰囲気から、スクランブラーともカフェレーサーともとれる外観に生まれ変わってる。

こっちも日本導入が期待されるけれど、まだ未定。

2021.3.30 2車ともに日本製式リリースされました

CB350RSの装備

CB350RSの装備
インドホンダ公式を引用

フォークブーツ

フォークブーツが付くと、一気に雰囲気が変わりますね

フォークブーツ

ダックロールシート

ツボを心得てますね!

ダックロールシート

ポジション

ハンドル位置が下がり、少し前傾が強くなる

ポジション

ヘッドランプリング

ヘッドランプリング

マフラープロテクター

マフラープロテクター

スキッドプレート

カフェレーサーを主張するなら、外してしまった方が良いかもしれない。

これがあると、スクランブラーが混じってしまう。

スキッドプレート

CB350RSの価格

インド国内では、196,000ルピー。日本円で29万円。

日本導入されれば、倍の58万円前後になる見込み。

ベース車に対し、4万円程度のアップ。

この手のバリエーションにしては、価格差は少ないので好みで選べるようになるとイイですね。

  • クラシックならCB350
  • スクランブラー、カフェならCB350RS

日本導入時は、『GB350RS』でしょうか?

『GB250CLUBMAN』、かつての『GB』は、名車だった

GB250CLUBMAN
photo by Honda Motor

1983年~1996年 『GB250CLUBMAN』

379,000円

1983年代といえば、空前のバイクブームの真っただ中!

フルカウル全盛で、毎年のようにモデルチェンジし最高出力を争ってました。

そんなときに、あえて発売された『GB250CLUBMAN』。

CLUBMANは、カフェレーサーと同意。

GBは定かでないけど、グレートブリテンだとか。

大人が乗れるバイクを、

というコンセプト

空冷フィンの造形など、芸術的ですね!

コンセプト通りの、美しいバイクです。

GB250CLUBMANのスペック

 GB250CLUBMANH’ness CB350
最高出力30PS/9,500rpm21.1PS/5,500rpm
最大トルク2.4kg-m/8,000rpm3.1kg-m/3,000rpm

スペックの最新のH’ness CB350に引けを取らない。

このあたりは、環境保護、騒音規制といった社会的適合性によるもの。

一概にスペックダウンというのは間違い。

昔のバイクのバイクの方が良かった

最近のバイクは、〇〇△!

GB350は最後の空冷単気筒クランブラーになるのか? まとめ

GB350は、往年のGB250 CLUBMANの名を継ぐ名車に成れるのでしょうか?

  • スズキ KATANA
  • カワサキ Z900RS

これらのバイクのように、バイクブームを知る人の琴線に触れるのは間違いない。

大型バイクも良いけれど、こんなバイクでトコトコ流せば

また1つバイクが好きになる。


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました