ツーリング中に見たく無いもの3つ【楽しくなくなり、気分ダダ下がり】 | PCXでGO!
PR

ツーリング中に見たく無いもの3つ【楽しくなくなり、気分ダダ下がり】

no-good-top ツーリングのコツ
  • 年に1回のロングツーリング
  • 月~金を耐え忍び、やっとの週末ツーリング

いずれにしても、日頃の疲れが吹っ飛び生き返ります。


でも、そんな気分を一瞬にダメにするものを、目にすることもある。

何を見るとダメになるの?

そんな疑問を解消します。

ツーリング中に見たく無いものは、この3つ


  • 常設の看板
  • 臨時の看板
  • あなた宛てのお手紙


これだけで何のことか解るのは、かなりの苦労人です

縁起でも無いので、考えたくもない。


笑い話になる範囲で、見たく無いものを数えてみよう。



ツーリング中に見たく無いもの3つ【楽しくなくなり、気分ダダ下がり】

ツーリング中に見たく無いもの3つ【楽しくなくなり、気分ダダ下がり】

辛いことがあっても、バイクに乗れば生き返りますね。

  • 岬でボ~ッとしたり
  • 里山をトコトコ走ったり
  • コーナーを思い通りに駆け抜けたり
      (スピードはほどほどにね)

バイクと出会えたことに感謝しかありません。


1.看板

 

ツーリング中の休憩時、何気なく視線を向けたところにこの看板があったら・・・。



実際に熊に出会うことはまず無いと思いたいけれど、万一が起きてまったらどうするか。

素手で熊を倒す人も居られるようですが、トライしない方がいい。

バイクの排気音に熊を撃退する効果があるのか、検証もしない方が良い。


森のくまさんに出会ったら、スタコラサッサ。



2.看板その2

ツーリングにいくような道は、郊外の一本道であることが多い。

万一、この看板に出会ってしまったら、迂回にかなりのロスが見込まれます。

迂回路が無くて、主要道まで延々と引き返す羽目になることも珍しくない。

見た瞬間に固まりますね!



スマホナビを使っていれば、通行止めが認識されて別ルートに案内されることもある。

でも、ツーリング中にナビばかり見てても、楽しくはない。

どう折り合いをつけるか悩ましいけれど、迂回路で思わぬ絶景に出会えることもあると信じて、ハプニングを楽しんでしまう心の広さを持ちたい。

3.お手紙

お手紙

物影から旗を持って突然飛び出して来る青い服を着たおじさん。会いたくは無いですね。

そして、サインをせがまれる。


上の写真は、北海道ツーリングで至福の時間を過ごしているときに受け取ったお手紙。

『十勝郡幌裏町』。この地名がツーリングの記憶と共に刻まれることになりました。

楽しくなくなり、気分ダダ下がり。


誰が悪い訳でもなく、自分が悪いのだから仕方ない。




ツーリング中に見たく無いもの3つ まとめ

ツーリング中に見たく無いもの3つ まとめ
  • どこまでも続く道
  • 朝霧にかすむ山並み
  • 夕日に染まる街並み
  • 夜明け前の岬

ツーリングに行くと美しい風景に出会えます。

同じ場所でも、時間と季節でべつの表情を見せてくれるので、何度見ても飽きません。


なるべくなら、見たくないものは見なくていいようにするにはどうすれば良いのか?

やっぱり、日頃の行いですかね。



合わせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました