バイク乗りの冬の過ごし方7選!【積雪・凍結が無ければ走れるけど】

バイク乗りの冬の過ごし方トリビア

バイクには夏が似合うのは、言うまでもありません。

けれど、季節は巡る。

暑くて熱い夏もいづれ終わり、冬がやってきます。

冬の間、みんなはどう過ごしてるの?

そんな疑問を解消します。

バイク乗りの冬の過ごし方7選

  1. 走る
     積雪・凍結しだい
  2. カスタム・メンテ
  3. イメージトレーニング
  4. バイを買うなら冬
  5. スキー・スノボ
  6. プラモデル
  7. 点数稼ぎ

こんな内容を知って、スッキリしよう。

気象条件の影響が大きいとは、思います。

けれど、どの地方にお住まいでも、夏ほど距離が伸びないのは確かです

冬を有効に過ごして、夏に備えよう。

バイク乗りの冬の過ごし方7選!

バイク乗りの冬の過ごし方7選!

日本は、広い。

おもな都市の2月平均気温(℃)

※ 環境省自然環境局を引用

都市気温(℃)都市気温(℃)都市気温(℃)
網 走-7.2新 潟2.2鳥 取4.1
釧 路-6.1富 山2.4松 江4.2
稚 内-5.6金 沢3.1岡 山4.1
旭 川-7.7福 井2.9広 島4.9
札 幌-4.2甲 府3.3下 関6.0
函 館-3.2長 野-0.4徳 島5.8
青 森-1.7岐 阜4.4高 松5.1
盛 岡-1.8静 岡6.8松 山5.7
仙 台1.3長 野4.3高 知 6.8
秋 田-0.3岐 阜4.4福 岡6.4
山 形-0.5静 岡6.8佐 賀6.0
福 島1.5名古屋4.3長 崎7.1
水 戸3.1津 4.9熊 本6.1
宇都宮2.4彦 根3.5大 分6.0
前 橋3.5京 都4.6宮 崎6.1
熊 谷3.9大 阪5.8鹿児島6.2
銚 子6.3神 戸5.2那 覇16.4
東 京5.4奈 良3.9  
横 浜5.3和歌山5.9  

2月の平均気温は、-7.2℃~16.4℃まで差があります。

積雪の有無を含め地域差はあるけれど、バイク乗りの冬の過ごし方はおおよそ7通り。

  1. 走る
  2. カスタム・メンテ
  3. イメージトレーニング
  4. バイクを買うなら冬
  5. スキー・スノボ
  6. プラモデル
  7. 点数稼ぎ

1.走る

走る

積雪・凍結が無ければ、冬でもバイクの季節

寒いのは、何とかなる

平均気温が氷点下では、凍結してるのでバイクはムリです。

しかし、日本は広い。

  • 積雪・凍結しない地方
  • 年に数回の地方

こんな地方であれば、冬でもバイクに乗れます。

防寒対策さえしっかりすれば、冬の張りつめた空気を切り裂くのは心地よくもある。


もちろん、夏のように長時間・長距離を走るのは難しい。

また、いくら積雪・凍結し難いと言っても、山間部を走るのはさすがに難しい。

  • 海辺へのツーリング
  • 温泉巡り
  • 街乗り

こんなショートツーリングなら、冬でも楽しめる。


防寒装備ならココ

2.カスタム・メンテ

カスタム・メンテ

冬場にカスタム・メンテは王道

冬は、乗れてもショートツーリング。

残りの時間は、夏に酷使したバイクをいたわる時間にしたい。

夏の晴れた日は、カスタム・メンテするより走りたいからね!

  • サスのオーバーホール
  • 各部のグリスアップ
  • カスタムパーツの導入

素人メンテの強みは、時間を掛けてゆっくり行えることです。

効率なんて考えず、ゆっくり行えば失敗も防げる。

バイクの不具合も見つけやすい。


トレンドも押さえておきたい

⇒ Amazon公式 バイクパーツ ランキング

⇒ 楽天公式 バイクパーツランキング

3.イメージトレーニング

イメージトレーニング

バイク関連の映画・漫画を満喫するのも冬の過ごし方

無理に走りに行って、転倒しては元も子もない。

温かい部屋で、ゆっくりバイク映画やバイク漫画でイメージトレーニングもいい。

バイクへの味方の幅が広がり、自分磨きにもなります。

Amazon プライム

  • 映画 3万作品が見放題
  • 音楽 200万曲が聴き放題
  • 本・漫画1,000冊が読み放題
  • プライム会員専用のセール
  • 2,000円以下の商品でも送料無料

全てが、500円/月

コスパが良すぎて、加入しない理由を探すのが難しい

⇒ Amazon公式 プライム30日間無料体験

30日試してみて、納得できなかったら退会すれば、タダ!


送料無料にするために2,000円になるよう、無駄な買い物したり

レンタルビデオに、1,000円も使ってませんか?


レンタルビデオや、漫画に特化したサブスクもあるけれど、

Amazonプライムほど広範囲で低価格なサービスは無い。

4.バイクを買うなら冬

バイクを買うなら冬

春に向けて、ステップアップを考えてるのであれば

バイクが一番安く買えるのは、冬!

バイクの需要が高まるのは、春から夏です。

  • 進学・就職でバイク通学・通勤を始める
  • 夏に向けて、バイクが欲しくなる

需要が高まれば、当然バイクの値引きは小さくなります。

商売だから、需要と供給で価格は決まります。


バイクをお値打ちに手に入れたいなら、冬に限る。

閑散期にせっかく来てくれたお客だから、大事にしたい。

サービスしてくれるに違いない。

もちろん、値段交渉は強気でね!


5.スキー・スノボ

スキー・スノボ

一旦バイクを離れてみるのもいい

バイク一筋も良いけれど、いろんな趣味を楽しむのもイイ。

別の角度からバイクを見られて、新しい発見があるかもしれない。

バイクで走るだけだったのが、

  • キャンプに目覚める
  • スキー・スノボで体重移動の意味を知る
  • 知らなかった峠道を見つける

感じるものがあるに違いない。

自分を磨こう!

6.プラモデル

プラモデル

いろんなバイクを楽しみたいけれど、実車を持つには限りがある

プラモデルなら、手の内で楽しめる。

  • 青春時代に乗ったバイク
  • 昔、憧れてたバイク
  • 最新のハイスペックバイク

いろんなバイクのプラモデルを作って、気持ちを高めてもイイ。

その中から、本当に自分が欲しいバイクが見つけえよう!


7.点数稼ぎ

点数稼ぎ

点数稼ぎと言うと語弊があるけれど、家族とのコミュニケーションは大事

夏の晴れた日には、走りに出かけがちなバイク乗り。

家族とコミュニケーションの時間が不足しがちです。

冬は、家族優先で共有する時間を作ろう。

  • ショッピング
  • 行楽
  • 食事

家族の理解があってのバイクです。


夏になったら、ロングツーリングにも行きたいからね!

しっかり、家族の点数を貯金しておこう。

バイク乗りの冬の過ごし方7選 まとめ

バイク乗りの冬の過ごし方7選 まとめ

積雪・凍結が無ければ、冬もバイクの季節です。


だけど、夏のように長時間・長距離走るのは難しい。

冬は力をためる時期でもあります。


来年の春に再びバイクを楽しるよう、下地作りをしておこう。

  • バイクへのいたわり
  • 自分磨き
  • 家族とのコミュニケーション

どれが掛けても、楽しめないからね!


冬だからといって、ゴロゴロしている暇は無い!


併せて読みたい

タイトルとURLをコピーしました