バイクのサブスク「月極ライダー」はバイク所有に替わるのか?

月極ライダートリビア
スポンサーリンク

「月極ライダー」はヤマハが行っているバイクのサブスクリプションです。

映画や音楽のように、バイクもサブスクが主流になるのだろうか?

レンタルバイクと何が違うの?


誰でも利用出来るの?


料金は?

そんな疑問を解消します。

バイクのサブスクのシステムをお教えします。

バイクを「所有」する意味はどこに有るのか、考えさせられます。

スポンサーリンク

サブスクリプションとは? 月極ライダーとは?

2020年8月4日追記

2020年度の運営が始まりました。

サービスの内容が更新されたので、それに合わせてこの記事も更新しました。

埼玉まで取りに行くなら125ccは全国対応!125cc超は首都圏対応になった。

チョット値上がりしたのは残念。

2020年の変化点概要

  • 全排気量 埼玉県民限定だったのが

    ⇒ 125cc以下:埼玉まで取りに行ければ全国どこでもOK
    ⇒ 125cc以上:首都圏在住限定
  • 同一車両の最大利用が6ヶ月

    ⇒ 11ヶ月
  • 20円/Km ⇒ 33円/Km
  • レンタルバイク比較
     2,3日分 ⇒ 4,5日分で1月使える

2020年7月28日追記

2020年は8月3日(月)12時よりサービス内容を一部変更し

申し込み開始されるとのアナウンスです、

カミングスーンですね!

2019年5月から1年間は実証実験として埼玉県限定で実施されました。

2020年の開始が待たれます。⇒開始!

サブスクリプションとは

サブスクリプション、通称「サブスク」は、英語の subscription 「購読予約」から来てます。

モノを買うのでは無く、一定期間モノを使用する権利を得るサービスです。

音楽の Amazon Music Unlimited、本の Kindle unlimited 、映画の U-NEXT などが知られてます。

洋服の着放題や、焼肉 牛角の定額もサブスクです。

メリット

  • 初期費用が低い
    購入しないので安い定額料金のみ
  • 幅広いジャンルを試せる
    購入までは行かないが興味があるものを試せる

デメリット

  • 気に入った1つを長く使い続けると高くなる
    ローンのように払い終わることは無い
  • 使わなくても料金は掛かる
スポンサーリンク

月極ライダーとは?

月極ライダーは、ヤマハが運営している月額制バイク貸し出しサービスです。

初期費用0円の月額制バイク所有体験サービス|月極ライダー
新しいバイク所有体験サービス開始!月額制で、1日あたりレンタルより安価。保険/メンテナンス込みのオールインを月単位の契約で、購入より気軽にお乗りいただけます。 免許取得後バイク購入に迷われている方、バイクシーズンだけ乗りたい方、色々なバイクを試乗したい方に新たなバイクライフをご提供します。/新しいバイクライフの形、バイ...
  • 埼玉県までバイクを取りに行けるなら

    125cc以下:全国どこでもOK
    125cc以上:首都圏在住限定

  • 中古バイクを支払総額の7%程度の月額料金で借りられる
  • 126cc以上のバイクを借りるには 名義変更の手続きが要る
  • 任意保険・各種税金・通常メンテナンスは利用料金に含まれる
    若く、保険料が高い人にはメリット
  • 最短1ヶ月~最大11ヶ月まで利用可能
  • 提携ショップのさまざまなメーカ・ジャンルのバイクが対象
  • ひと月あたり 500kmまでは追加料金不要
  • 500kmを超えて走行した場合は、33円/Km
  • 対人対物無制限の任意保険は基本料金に入っている

レンタルバイクとの違い

レンタルは、借りて返してお終い。

サブスクリプションの「月極ライダー」は、車両の入れ替えが可能。

毎月違うバイクに乗ることが出来ます

他にレンタルバイクとの違いで大きいのが、この3点です。

  1. 支払総額の7%程度の月額料金
  2. 1ヵ月単位の貸し出し
  3. 1ヶ月500km以上走ると、33円/kmの追加料金

例えば、旧PCX125を「月極ライダー」すると月額料金は26,400円です。

レンタル819でPCX125をレンタルするとP-2クラスになり、

最初の24時間6,900円、以降 4800円/24時間です。

このように、大体どのクラスのバイクも

4、5日程度のレンタル料で 1ヶ月「月極ライダー」出来ます

1ヶ月500kmは短いような気もしますが、年6,000kmです。

500kmを超えたとしても33円/kmですので、

1,000km/月乗ったとすると500kmのオーバーで16,500円の追加料金です。

通勤通学用途には不足ですが、ツーリング用途なら十分です。


通常は、週末ツーリングで500km/月

年1回のロングツーリングには、1,000km/月

ほとんどの用途で、レンタルバイクより安くなります。

唯一レンタルの方が安くなるのが、距離を乗る人です。年間何万kmと乗る人は向いてません

逆に、シーズン外は乗らずに夏の間だけ乗るような人にはぴったりです。

レンタルバイクとの違い
スポンサーリンク

バイク所有と「月極ライダー」

ちょっと前までは、買うのが当たり前でした。

  1. ラジオで聴いた曲が気に入る
  2. 街のCD屋さんでCDを買う
  3. 曲を聴く

しかし、今は定額でどんな曲でも聞き放題が当たり前です。

車のサブスクはもう間近

数日のレンタルと年単位の購入の間にあるのが、サブスクです。

車が、富や成功の証だった頃はもう彼方です。

  • 収入が上がらないのに、安全装備の追加で車の値段が上がっています
  • どっちを向いてもミニバンばかりで、車に利便性以外を求める人は少数派です
  • 車を所有するには初期投資、維持費ともに重くのしかかります。

この車、カッコいい!!

欲しい!!

そんな車に最近出会いましたか?

外装がちょっと違うだけで、同じような車ばかりな気がしませんか?

所有から、必要な時だけ借りる形態になるのは当然です。

レンタルは短期過ぎ、所有は重い。ならば中間のサブスクに落ち着きます。

トヨタもサブスクを始めています。車を購入する時代の終わりかもしれません。

photo by Bradley Gordon

バイクもサブスクの時代が来るのか

バイクは車に比べて、趣味趣向の範囲が大きい乗り物です。

  • 通勤・通学より、休日のツーリング
  • バイクを「カスタム」して自分好みにする

しかし、バイクの値段は環境対策・騒音対策でどんどん上がってます。

100万円以上のバイクも珍しく有りません。

若い人は任意保険料が高い事もあり、バイクを維持するのが辛い。

夏休みのバイト代で買える時代では有りません。

バイクは若い人の乗り物というイメージですが、実際の平均年齢は50歳を超えてます。

バイクも「カスタム」 せずに初期投資の無いサブスクになる日は近い。

「月極ライダー」まとめ

「月極ライダー」が125cc以下は全国対応、125cc以上は首都圏対応になりました。

ともに、埼玉までバイクを取りに行く必要はあるが、

2010年の埼玉県内限定より大進歩しました。

ツアラーや、クルーザー、オフロードバイク

色々なジャンルに乗ってみたい!

CDを買って曲を聴き込むより、色んな曲をBGMのように聴く

1台のバイクを所有して自分のバイクに仕上げるより、色んなバイクを楽しむ。

広く浅くバイクを楽しむのも、バイクの楽しみ方の1つです。

けれども

このバイクのために、働いているようなものだ

そんなバイクに出会えたならば、それも幸せです


併せて読みたい
賃貸のコンテナ・ガレージがバイクの保管におすすめな3つの理由!
なぜ、バイク任意保険の加入率・保険内容見直しとも低いのか?
バイクの盗難保険を比較したら、おすすめはZuttoRideClubだった
バイクワンは高額な査定で買取ると、口コミで評判になっている理由!

タイトルとURLをコピーしました